つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

カテゴリ: 思い出

祖母の遺産 土地やお金や株券より大切なこと

私の長女が生まれたのは1988年5月でした。当時の写真を見ると、デジタル画像との違いにびっくりです。27年前です。アルバムをカメラで撮影したので 、画像がさらに粗くなりましたが、曾祖母と祖母が新米ママの私を応援にきてくれました。90代の曾祖母に、真ん中にいて手を赤 …
続きを読む
埋め難い溝と絆

母と再会できたのは、私が結婚してから。継母がいるので、結婚式にも呼べなかった のですが、長女が生まれたとき、私はせめて実母に初孫を逢わせたいと思いました。 50年前の母と私年号が平成に 変わって間もない頃、20年ぶりに会えた母は、疲れ切った中年女性になっていま …
続きを読む
母と私

生まれてきた子どものために、布をさまざまに集めて縫い合わせる着物は、青森特有のものではありません。金沢には「百徳着物」と言って、母になる若い女性が親戚や知人を訪ね歩いて、布端をもらい受ける風習がかつてあったとか。長寿にあやかりたい、健康にすくすく育って欲 …
続きを読む
夜桜と天守

弘前公園はしだれ桜がいま見頃です。2000本以上あるソメイヨシノは 、花の盛りのまま吹雪となって散り、若葉が目立つようになりました。今年の弘前公園はいつにまして観光客の方々が多いようです。江戸時代に建てられた天守が今夏、曳家にて移動し、はらんでいた石垣の改修工 …
続きを読む
桜っこ見に来いへ

雪国にもようやく春がやってきました。暖冬と言われていましたが、弘前は雪が多く、今月のはじめは市内のあちらこちらで残雪が見えました。ところがあれよあれよという間に春めいて今は桜色に染め上げられています。夕べ訪れましたが、2600本を数えるソメイヨシノや枝垂れ桜 …
続きを読む