つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

カテゴリ: 手仕事

レトロな角巻人形@角巻はかつて厳冬の必需品

つがる☆時空間natuです。訪問ありがとうございます。レトロな角巻人形 を紹介したいと思います。弘前でかつて制作されていました。日本髪に赤いサンゴのかんざしを挿し、べっこうの櫛。そして、水色の角巻に、キツネの毛皮をしていますね。美しい面ざしは、ちょっと憂い顔の …
続きを読む
映画のロケ地☆瑞楽園・豪農の屋敷と大石武学流・庭園

つがる☆時空間natuです。訪問ありがとうございます。JR弘前駅に大きな横断幕 のようなポスターがあって前から気になっていました。国指定名勝 瑞楽園 (ずいらくえん)旧對馬家主家 ポスターには、石灯籠や剪定のされた樹木がばっちり写っています。へえー、こんなとこ …
続きを読む
雪むこうの女の手仕事展 あおもり伝統工芸品のぬくもり♪

つがる☆時空間natuです訪問ありがとうございます。雪むこうの女の手仕事展最終日にすこしだけ見学することができました。11月6日~11月8日まで弘前市立百石町展示館で開催丁寧に美しく紡がれた工芸品冬が長い青森の風土ならではの伝統工芸はいまも作り続けられ熟練の職人や …
続きを読む
弘前市・紺屋町の旧消防 屯所が工芸家のギャラリーに

弘前公園のお濠の近く、紺屋町消防屯所を訪れました。昭和8年ごろ建築の屯所火の見櫓(やぐら)があって、市の『趣のある建物』に指定されています。 ここは戦前、警察の交番も併設され、劇作家であり歌人の寺山修司の父・八郎が勤務したそうです。寺山修治は、自分は走って …
続きを読む
草木染めの着物 地元で採れた葛を織りあげて 手仕事の道 

青森は津軽塗りや藍染め、リンゴの手籠など手仕事がいまも残っています。伝統工芸品を制作しながら暮らしを立てている方は日々、切磋琢磨し、地道に仕事を続けて、その年月が技となるのでしょう。手仕事に懸ける思い草木染め作家の水田久美子さんと久しぶりに会ったのは、ま …
続きを読む