つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

カテゴリ: 神社 仏閣

猿賀神社・十五夜大祭

きょうは猿賀神社の十五夜大祭。津軽地方でもっとも遅い時期に開かれる宵宮ですね。秋の十五夜大祭は旧暦の8月14日から16日までの3日間。県下獅子踊大会、津軽民謡新人大会等のイベントが行われます。アクセス・JR弘前駅から弘南鉄道弘南線で20分。津軽尾上駅で下 …
続きを読む
護国神社in早朝は涼しい弘前公園

弘前公園を早朝6時にウォーキングしました。昼間は30℃超えですが、朝夕は涼しいです。明日15日は終戦記念日なので、青森県護国神社を参拝 。天守がある本丸や西濠にはよく行きますが、こちらの護国神社をきちんとお参りしたのは、つい数年前のことでした。 そのとき、ずらり …
続きを読む
禅林街では早朝5時の墓参はふつう☆長勝寺と栄螺堂

お盆の入りの13日です。朝早くに、お墓参りした方が多いことでしょう。弘前市茂森にある禅林街は、曹洞宗のお寺が33院ならぶ、全国でも類を見ない寺町。8月13日は渋滞するので、早朝5時からお参りをする市民がたくさんおります。上の写真は、2代藩主・信牧(のぶひら)公の …
続きを読む
禅林街の黒門が修復☆『津軽双花』の満天姫の霊廟

弘前市茂森の禅林街は、33の曹洞宗のお寺さんが道の両側に並んでいます。同じ宗派のお寺を、これだけまとめた地域は全国的にめずらしく、江戸時代そのままの雰囲気。黒門も藩政時代から存在していました。ただ、当たり前ですけれど、もはや馬や駕籠(かご)の時代ではあり …
続きを読む
猿賀神社のハスは満開☆宵宮は9月14日~16日

平川市の猿賀(さるか)神社にお参りしました。蓮の花が前に来たときより咲いて、見頃を迎えています。車だと弘前市内から20分ほど。弘前と黒石をむすぶ弘南電車では、津軽尾上駅で降りて、徒歩10分くらい。観光スポットの盛美園も近くにあります。  猿賀神社 平川市猿賀 …
続きを読む