つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

カテゴリ: 神社 仏閣

津軽の精神のよりどころ 人形堂に満ちる親の想い 賽の河原・川倉地蔵堂 

津軽のパワースポットである川倉地蔵尊へ行くには車が便利ですが、津軽鉄道を利用することもできます。津軽鉄道・芦野公園駅写真は芦野公園の旧駅舎。お洒落で、かわいらしいデザインの建物です。昭和5年(1930)から昭和50年(1975)まで、津軽鉄道の駅舎として利用。今は、 …
続きを読む
黒石を歩く 分知360年の黒石津軽家ゆかりの神社と町並み

弘前藩から分知され360年黒石神社に久しぶりにお参りしたのは日曜日でした。それから3日後の22日に、津軽信英(のぶふさ)公が領地を分け与えられて360年目の節目を祝う、式年大祭が執り行われました。私がお参りしたとき、境内の清掃に、汗を流す年配の方が3名ほどいました …
続きを読む
禅林街 大改修された長勝寺 すがすがしい本堂と庫裡は木の香りに満ちて 

弘前の名所めぐりに欠かせない長勝寺、久しぶりに訪れました。どっしりとした三門。国の重要文化財です。前に、吉永小百合さんが、JR東日本の「大人の休日倶楽部」でこの門の前にたたずんでいたポスターがありました(・∀・)禅林街の入口にある門から数えて三番目の門なので …
続きを読む
                                                                                                  猿賀神社の大祭・イタコの仏おろし

平川市にある猿賀神社は、蓮池で知られています。津軽の三大神社のひとつで、山の神さまが岩木神社、海の神さまは高山稲荷神社、猿賀さまは農の神さまをお祀りしています。境内には湧き水がこんこんと流れる泉があり、目の病気に霊験あらかたと、昔から言われてきました。  …
続きを読む
津軽三十三観音霊場 一番札所 久渡寺

苔むした長い石段が続いていました。江戸時代からの歴史ある久渡寺(くどじ)は、弘前市の南方・坂元地区にあります。 円山応挙作の幽霊画があり、自然の豊かな山のなかにしずかに建つお寺です。br />5月は王志羅講の大祭がありました。明治になって、津軽の民間信仰である …
続きを読む