つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

カテゴリ: 神社 仏閣

弘前が桜色に染まる!五重塔や禅林街、天満宮も桜が美しい!オススメ5つ

弘前さくらまつりが始まっています。気温が19度となった19日は、外濠の開花が発表されました。2017年よりも1日遅いそうです。20日は園内も開花宣言が出ました。さて、開幕日の21日はブルーインバルスの記念飛行も予定。午前10時の開会式後の10時30分ころから20分ほど飛行する …
続きを読む
【弘前さくらまつり】地元民が徹底解説、見どころスポット

弘前さくらまつりが18日から準まつり期間で始まります。早咲きが予想されるので、18日から営業する出店も多いようです。観桜会100周年の記念にブルーインパルスも飛行する予定で、4月21日朝10時の開会式の後に行われることに。楽しみですね。さてきょうは弘前公園の桜を徹底 …
続きを読む
戌年の一代様である弘前八幡宮に初もうでは3日にようやく

2018年は戊戌(つちのえいぬ)の干支です。津軽地方には一代様信仰があって、自分の干支をお祀りする神社に詣でる習慣がありますね。戌と亥は弘前八幡宮となっています。それにしても立派な注連縄が鳥居に!どうやってこんな高い位置に飾り付けたの? 足場を組んで安全に飾 …
続きを読む
新年おめでとうございます、穏やかな元旦に猿賀神社に初もうで

2018年、新年おめでとうございます。旧年中はご高覧、誠に有難うございました。本年もよろしくお願いします。さて、津軽では大みそかにご馳走を食べることが多いですね。わが家は今回、子どもが1月半ばに帰省するので、夫婦ふたりの年越しとなりました。なので、慎ましくふた …
続きを読む
【津軽の一代様】弘前八幡宮は戌年の守り本尊、唐門は彩色もあざやかに

弘前八幡宮は、2018年の干支である戌(いぬ)と次の年の亥(い)の一代様です。一代様信仰は、自分の生まれた干支を守り本尊として信仰するもので、津軽地方には古くから根付いていました。弘前市の住宅地にある八幡宮は、江戸時代に2代藩主・信牧(のぶひら)公が、鬼門の押 …
続きを読む