つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

カテゴリ: 読書

高橋秀雄先生の新著『釣りに行こう!』

児童文学の新刊を紹介します。ベテラン作家 ・高橋秀雄先生が子どもの世界を活き活きと描いています。文研じゅべにーる『釣りに行こう!』 文研出版 小学5年生の佑太(ゆうた)は、いとこの家に遊びにいって、大物イワナを釣って以来、すっかり川釣りの面白さにはまります …
続きを読む
地球よりも青く・高橋憲三詩集

詩人である高橋憲三さんが、『地球よりも青く』を上梓されました。文藝同人誌「瑠璃」の先輩である憲三先生、渾身の詩集。 高橋さんは、「瑠璃」のほか、詩と散文「飾画(かざりえ)」の同人です。これまでに詩集を3冊、出されています。母と地球まだ生きている ぼくだって …
続きを読む
『鷹と将軍』☆津軽は名鷹の産地

夏空のつづく弘前。岩木山とお城が映えています。築城から400年。昨年の曳屋工事により、天守と岩木山という眺望を6年間、楽しむことができます。さて、弘前藩といえば、鷹!たか丸くんのゆるキャラが人気。そこで今月は、津軽地方が、名鷹の産地だったという本を読みました …
続きを読む
坂岡洋子著『老前整理』☆デジタル遺品もわすれずに

世は終活ブームです。どんなふうに老いてゆくか。超高齢化社会をむかえて、みんな悩ましい。坂本洋子さんがお書きになった『老前整理』を読みました。 老いてしまうと、重いものを運んだり、捨てたりすることが肉体的に出来なくなる。老いる前に、モノを減らして、整理するこ …
続きを読む
奇想天外でおもしろい☆隆慶一郎著の時代小説『吉原御免状』

ひさしぶりに時代小説を手に取りました。cakesというサイトで紹介されていた隆慶一郎の本が面白そうだったので、読んだのです。山本周五郎の町人ものや、司馬遼太郎の「梟の城」など、すきな本はありますが、隆慶一郎の作品ははじめてでした。新刊ではありません。30年前に亡 …
続きを読む