つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

カテゴリ: 読書

百田尚樹『夢を売る男』 こんなに出版界の裏側を辛辣に描いていいの!?

なにかと物議をふりまく、作家・百田尚樹氏。『夢を売る男』を読みました。   タイトル良し、刺激される内容図書館から借りた本です。初版が2013年2月。太田出版から出ました。太田出版は今年になって、元少年Aの『絶歌』を出版して、批判やら非難やらさまざまですが、『 …
続きを読む
『童話塾in東北』が7月20日(月曜日・海の日)に仙台市で開催されます

あなたの物語を書こう! 今月20日、『童話塾in東北 』が仙台市民活動サポートセンター6Fのセミナーホールで開催されます。 13:00~16:30(12:30開場) 会場は仙台駅から歩いて15分のところです。 参加費は1000円 当日会場にてお支払いください。  申 …
続きを読む
『あきらめないことにしたの』宮城県在住の作家 堀米薫さんの新著

宮城県の掘米薫さんは作家であり、農家の奥様です。新著『あきらめないことにしたの』が出版されました。 福島県飯舘村の嫁っこ・渡邊とみこさんを取材して書かれたノンフィクション。2011年3月11日に発生した、東日本大震災は巨大地震と巨大津波と 引き起こしました。その …
続きを読む
ベストセラー『葬式は、要らない』の宗教学者・島田裕巳先生が来県 

青森県立図書館はゆったりとした緑の広がる敷地のなかに建っています。庭にハマナスの花咲いて、実がなっていました。さて、21日、その図書館のとなり・社会教育センターで、『最近のお葬式事情と自然葬』という講演が開催されました。講師は島田裕巳先生です。ご著書「葬 …
続きを読む
桜桃忌 太宰治文学が津軽人に与える影響にあらためて驚く

きょうは太宰治の桜桃忌。いまは生誕祭と呼ぶほうが多くなりました。誕生日と、玉川上水に身を投げてのご遺体が発見された日が同じとは、なんて破天荒に生きた作家だろう。私はこれまでそんな気持ちでいました。弘前市御幸町に、どなたでも無料見学できる「太宰治まなびの家 …
続きを読む