つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

カテゴリ: ねぷた祭

弘前ねぷたまつり☆2日・盛り上がっています

弘前ねぷたまつりは、夜の運行が6日まで7日は、昼の運行です。2日の夜も盛り上がっていました!81台の参加団体のうち、半数以上が出陣。午後7時から始まり、最後のねぷたが出るのは9時半ころでしょうか。下新町ねぷた愛好会水滸伝 一丈青血戦の図 三浦呑龍さんの鏡絵です。 …
続きを読む
弘前ねぷた祭り開幕♪土手町を運行です

8月1日 弘前ねぷた祭りが始まりました。1日~4日 午後7時より 桜大通りから出発して、土手町を合同運行5日と6日 午後7時より 中央通りから 出発して 駅前通りを合同運行7日  午前10時より、松森町ふれあい広場交差点から出発して土手町を運行1日のきょう、私は一番町 …
続きを読む
ねぷたは出陣を待つばかり☆血が『じゃわめぐ』津軽人

ねぷたは鏡絵を張り終え、いよいよ出陣を待つばかり。いま、笛や太鼓の囃子の練習が真っ最中です。>写真はJR弘前駅のすぐとなりに小屋がある駅前町のねぷた。7月25日の撮影です。弘前ねぷたは、藩政時代、殿さまもご覧になったという由緒ある祭り。跳ねたり飛んだりはせず …
続きを読む
弘前ねぷたを丸ごと体感☆津軽藩ねぷた村

弘前ねぷたは歴史が古くて、江戸時代の藩主もごらんになりました。当時は七夕まつりとして、笹飾りが主だったようです。現在は、扇形の大型灯籠(おおがたとうろう)が主流。ねぷたはいま、制作中です!! 弘前ねぷた8月1日から 祭りをひかえ、一年中、ねぷたを体感できる観 …
続きを読む
名残り惜しい 弘前ねぷた 夜の運行は今日が最終日

弘前ねぷたまつり5日と6日は駅前を運行します。6日で夜は最終日名残り惜しい写真は弘前には台数が多くはない人形ねぷた『弘法大師、空海と不動の滝』富田清水町の大型の組ねぷたですねぷたが終わる頃秋風になるのが津軽の夏ですが酷暑が続いています天気予報では6日がピーク …
続きを読む