つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

カテゴリ: 津軽弁

お盆です 弘前あさいちは桃やメロン、かぼちゃに枝豆がそろいました

ねぷたが終わって、朝晩は過ごしやすくなりました。さあ、お盆です。 弘前あさいちでは、軽トラの荷台で桃やメロン、スイカが並べられる出番を待っています。 めぇ、津軽の桃大玉の桃です! 弘前市や平川市で桃を生産する農家がふえています。これがジューシーで『め!』 …
続きを読む
津軽弁の「がっこ」 なぜ秋田と同じ発音なのに意味が違うの?

津軽弁は、日本の方言のなかでもわかりにくいという声をよく聞きます。発音、音節、意味合い独自というか、個性が強いというか。都会へ働きに行くと、言葉の訛りが恥ずかしいから、同郷の人以外とはめったに口をきかないんだ。年配の方が、そんな話をしてくれたこともありま …
続きを読む
黒石こみせ通り  津軽が色濃く残る町並み

久しぶりに黒石市の町中を通りました。曲がりくねった昔ながらの道路なので、一方通行が多いです。津軽弁で道のことを、「けんど」と言います。県道が訛って、そう呼ばれるようになったと聞きました。では、「ケリ」は?お年寄りは今でも使いますね。正解は靴。藁や皮革など …
続きを読む