つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_5808

2018年の田舎館村の田んぼアートはオードリー・ヘップバーンの笑顔が印象的な『ローマの休日』です。

観光名所のコロッセウムをバックに、グレゴリー・ペックが運転するイタリアのスクーター「ベスパ」に乗っているヘップバーン。

可憐な顔立ちが映画のままじゃないですか。

IMG_5799


完成度が今回も高い!
緻密な色彩に見入ってしまいます。

色の異なる稲穂を絵の具代わりに、田んぼをキャンバスに見立てて、巨大な絵を描く田んぼアート。
田舎館村の田んぼアートは日本一に違いありません

今回で26回目となり、ますます進化したようですね。

スポンサーリンク

4階展望デッキ


IMG_5806

(写真は村役場にある4階展望デッキ)

田んぼアートを見学できる場所は2か所あります。
第1田んぼアートが田舎館村役場、第2田んぼアートは道の駅いなかだて敷地内の弥生の里展望所。

IMG_5801

巨大過ぎて、カメラに収めるのに苦労します(@@;)

右側は恋人の聖地『真実の口』、映画のワンシーンが胸によみがえる♪


IMG_5800

映画でのヘップバーンの役どころは、つかの間の休暇を楽しむプリンセスのアン王女。

新聞記者役のグレベリー・ペックが手を差し入れると、取れなくなる!
真実の口は嘘つきの手を噛み切るという伝説があるので、アン王女はパニックになって泣き叫んでしまいます。

そんなアン王女を抱き留める1シーンを田んぼアートで再現。

過去記事:田舎館村の田んぼアート2015『風と共に去りぬ』

IMG_5813

展望デッキがある村役場と田んぼ。
田んぼアートは展望デッキから眺めたとき、一番きれいに見えるように、遠近法を調整しています。
一般の大人ひとり300円
6階の天守閣へ行く方は、別に200円かかります。

過去記事:田んぼアート2016年「真田丸」

観覧期間は平成30年10月8日(月・祝日)まで

IMG_5810

のびやかな津軽平野の向こうには、東に八甲田の山並み、西に霊峰・岩木山を快晴の時に望めるでしょう。

この日は気温30度ですが、さわやかな風が吹き抜けていました。

過去記事:2017年田舎館村田んぼアート『ヤマタノオロチと須佐之男命』

稲穂の育ち具合で、色彩がますますはっきりすることでしょうね。
ぜひ一度、ご覧下さい。
夏休み前が空いているので、オススメです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村




青森県ランキング


スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット