つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_5733

藤田記念庭園は、弘前公園のすぐ近くです。
毎年、初夏に咲くハナショウブが今年もきれいに見ごろを迎えています。

70種1000株のハナショウブはつぼみが多いので、来月初めまで楽しめるでしょう。


IMG_5742

ひとつひとつ、品種の立札があります。

ほのかなピンク色のハナショウブは『桃霞(ももかすみ)』

スポンサーリンク

ゆったりカフェ

IMG_5734

すてきな洋館が建っています。
お庭は実業家の藤田謙一が東京から庭師を招いて作庭し、洋館のほか匠館、和館が建っています。

洋館には大正浪漫喫茶室、匠館にもカフェがあって、アップルパイや軽食を食べることができますよ。

過去記事:大正浪漫喫茶室でいただくナポリタン

IMG_5735

匠館では津軽の伝統工芸こぎん刺しや津軽塗、焼き物などを展示し、販売。

うっとりします♪

そして冷たいかき氷を食べることもでき、ひと休みにもってこい。

過去記事:藤田記念庭園のクラフト和カフェ匠館


IMG_5736

洋館や匠館があるのは高台部、岩木山がくっきり。
借景式庭園なのです。


IMG_5726

階段をおりると、ハナショウブ園が広がる低地部は池泉廻遊式庭園。


IMG_5743

風情のある老松と池。

池には鯉が泳いで、ゆったり和服に日傘で散策したい気分です。

過去記事:2017年藤田記念庭園のハナショウブ

この記事の画像は、津軽の空が梅雨の中休みだった6月25日に撮影しました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村




青森県ランキング


スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット