つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_5322

青森を代表する山菜の王様といえば、ネマガリタケではないでしょうか。
関東や関西で採れる孟宗竹とは違い、細いのですが、味はとっても美味。

5月の終わりころから、お店で見かけるようになりましたね。

ネマガリタケは笹藪をかき分けて、急な山肌を登りながら採ると聞いているので、私はタケノコ採りの経験はありません。

なので買って食べたり、お裾分けにあずかったり。

さて、タケノコが手に入ったら、まずは皮むきをしましょう。

皮のむき方はざっくり説明すると、2通りあります。
●生のタケノコの皮をむく
●タケノコの皮に切れ目を入れて、熱湯に漬けてから皮をむく

スポンサーリンク

タケノコの味噌汁をおいしく作るコツ


IMG_5323

タケノコのお味噌汁を作るときは、生のまま丁寧に皮をむいたほうが、美味しいと思います。

上の写真、右側は穂先がありません。

皮をむくとき穂先が取れてしまったのです。

IMG_5324

穂先は柔らかいので、力をいれず優しく扱うと良いでしょう。

皮をむき終わったら、節の堅いところも取り除きます。

前に、タケノコ料理を紹介しました。
過去記事:青森のタケノコ料理5選 

IMG_5337


私は、味噌汁を作るときは、節を取ったそばから水を張ったお鍋に入れておきます。そしてこのまま、火に掛けて煮上げます。

タケノコのゆで汁に香りがうつるのです。

そして味噌を溶き、少しだしの素を入れて、わかめを散らすと、とってもおいしい味噌汁に。

IMG_5348

刻んだ身欠きニシンを入れるお宅もあります。

タケノコの味噌汁を食べると、コリコリとした歯ごたえと爽やかな風味に、初夏の到来を感じます

青森のソウルフード、ネマガリタケは梅雨時になると太く立派に。

タケノコを求めて深山へ入る山菜採りも増える時期ですが、そのときは熊にご注意ください。

津軽味噌と相性ばつぐん、タケノコとわかめのお味噌汁のコツは、タケノコのゆで汁にお味噌を溶いて、できたてを味わうこと

皆様もぜひご賞味下さい(^o^)



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村




青森県ランキング


スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット