つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_5092

風薫る5月、弘前城植物園ではハンカチツリーが見頃を迎えています。
弘前公園のなかに植物園があり、大石武学流の庭園も見学可能。
ハンカチツリーの木があるのは、白いクジャクがいる小屋の近くです。

IMG_5110

白変種のクジャクは、ウェディングドレスをまとったような姿。

この日は残念ながら羽を広げてはくれませんでした。

IMG_5109

オスとメスのつがいで小屋のなかにいます。

その小屋のそばに、白いハンカチツリーの花が風に揺れていますよ。
IMG_5095

植物園は植物の名前が木札となっているので、分かりやすい。
スポンサーリンク

ハンカチツリーとは?


IMG_5094

中国原産のハンカチツリー。
花についた2枚の包がハンカチのように見えることから名前がつきました。

5月末になれば、もっと花が多くなるでしょう。
植物園に来たことがない方は、5月の第4日曜日が狙い目。例年、無料開放されるからです。

ちなみに植物園は有料ゾーンのため、一般の大人だとおひとり様310円の入園料です。本丸との共通券は510円。
私は、3施設共通の通年パスポートを購入しました。2000円で1年間有効です。

さて、植物園ではマルメロやベニバナトチノキの花もキレイでした!

IMG_5099

ベニバナトチノキは、木の全体にピンク色の花があり、こんもりとあでやか。

IMG_5106

マルメロの花は、リンゴの花より一回り大きめ。

ほのかな薄桃色が上品です。バラ科の植物で、近くに寄ると良い香りがしました。

IMG_5107

イラン、トルメキスタン原産の古い時代から栽培されている果樹。

セイヨウナシの形をした果実は生食するほか、佐藤や焼酎漬け、ジャムやゼリーにします。

IMG_5119

緋ボタンも咲き始め!
あざやかな大輪に見とれてしまいました。

この花を見ると、若い頃の藤純子が片肌脱ぎになって、サイコロを振る映画を思い出します。
『緋牡丹お竜」などシリーズとなった映画の主演女優です。

歌舞伎界に嫁ぎ、寺島しのぶのお母さんとなったのですが、ごぞんじですか?
1968年から1972年にかけて全8作も作られました。当時は子どもだった私ですが、凄みのある美女でしたね。

IMG_5121
 
ツツジははぼ満開。薄紫色も美しい。

IMG_5132
 
藤の花はピクニック広場が咲き始めています。

植物園の藤はまだつぼみなので、今月末がおすすめ。

IMG_5144

本丸まで歩くと、遅咲きのカンザンが花盛りでした!
八重でボリュームがありますね。


IMG_5140
 
須磨浦普賢象もまだ咲いています。
色変わりで、珍しい。

そして、ハナカイドウ。

IMG_5139

花海棠と書くのですね!

武徳殿を彩っています。

さくらまつりは終わったのですが、弘前公園はたくさんの花を鑑賞できます。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット