つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_3967

写真は2月の終わりに弘前公園を散策したときの1枚です。

まだ雪がたっぷりでも、海外からの旅行客が園内を散策していました♪

団体さんで中国語のようです。雪が珍しいのでしょうか、雪玉を作って投げ合う姿も。

IMG_3961


この日は穏やか。でも数日後の3月2日は北日本が大荒れの天気に。

県内では風が強く電線が切れて、停電になった地域もあったほど。暖房器具を使えずに、不自由なさったご家庭もあったことでしょう。

まだ寒い当地ですが、弘前さくらまつりのポスターができています!!


スポンサーリンク

弘前城は桜の名所

28378355_1827856813893943_7220415289767455018_n

あでやか♪
桜色です。
期間は2018年4月21日~5月6日

大正時代に始まった観桜会(かんおうかい、津軽弁ではかんごかい)から100周年です。
美しい桜と天守、岩木山のそろい踏み。

街角で桜祭りの古い写真を見かけました。

IMG_3590

大正から昭和の時代は飲めや歌えのどんちゃん騒ぎ、仮装行列や車座になっての手踊りなど、にぎやかな様子がうかがえますね。

その当時は、家族そろって晴れ着を着て、観桜会に来るのが年に一度のお楽しみ。

IMG_5710

2017年4月24日の撮影。

お濠は8分咲き、本丸はしだれ桜はつぼみでした。

IMG_5754

2017年4月28日は園内も満開となり、花筏も見頃に。

あと一月半もすれば、春めいてくることでしょうね。

きょうは弘前さくらまつり弘前のポスターを中心に、最近の弘前城の雪景色もアップ。青森に海外からの旅行客が増えているので、さくらまつり期間中のホテルは混み合うかもしれません。

旅の計画と予約は早めが良いでしょう。

弘前さ、桜っこ見に来いへ~

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

スポンサーリンク