つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_6684

西目屋村は弘前市役所から、車で走ること30分ほどの山あいの村です。

世界遺産の白神産地のおひざ元。その昔は炭焼きがさかんで、津軽しらかみ湖の湖底に沈みましたが、砂子瀬の集落などがありました。

過去記事:目屋人形の制作、丹精込めた手作り

さて、村役場にほど近い乳穂ヶ滝(におがたき)が4年ぶりに結氷しました!

過去記事:乳穂ヶ滝は結氷なるか、2016年


スポンサーリンク

オリンピックイヤーとリンクして結氷?

IMG_6673

4年に一度ということでオリンピックイヤーと同じ?

そんな意見がフェイスブックにもありました。

近年は暖冬傾向なので、結柱しにくいのでしょう。

豪雪地帯の西目屋村ですが、こころなしか道ばたの雪も少ないように見受けられます。

今冬は、穏やかな日と極寒の差が激しい。

IMG_3942

入り口の鳥居は、赤いライトップ。

妖気ただよう雰囲気?
いえいえ、この滝は昔からの霊地。

明治期に活躍した弘前出身の絵師、平尾魯仙(1808~80年)も描写しています。
平尾魯仙の偉業 東奥日報

IMG_6687

2月26日の7時頃は、カメラマンや家族連れも多かったですね。風はなく気温はマイナス5度でしたが、まあ、このくらいなら地元民はへっちゃら。

そうそう2月第3日曜日は毎年、結氷の太さや形からその年の作柄を占う神事が執り行われています。

2018年度の2月18日の時点では、まだ氷の柱になっておらず、「豊作は期待できない」というお言葉でした。

IMG_3954

でも、数日後に結柱したので、今年の作柄には期待できるのではないでしょうか。

坂を登ると、不動尊や薬師様のお堂があります。

そして近づくと、滝の水がしたたる音がする♪ 

シャラン、シャラルン……瞬間的に水が凍って氷の柱は徐々に太く。

IMG_3953

雪の階段を登りますが、途中からすべりやすくなっていたので、無理せず。

春か夏の時期にお参りしたいと思います。

IMG_3950

氷の芸術作品。

自然は偉大なアーティストです。

IMG_3951

ライトアップは2月28日夜10時まで。

氷結が折れたときはその時点で終了。

天気予報では今月いっぱい持ちそうな予感です。

圧倒される冬景色です、機会がありましたらぜひご覧下さい。

スポンサーリンク

コメント

コメント一覧

    • 1. JA7GUX
    • 2018年02月26日 19:38
    • 間に合いまして 良かったですね。 (^O^)v
    • 2. natu
    • 2018年02月27日 16:49
    • JA7GUXさま

      こんにちは。夜のライトアップ、素晴らしい!
      前に結氷したとき昼に観たので、今回はライトアップを。
      青森の自然は雄大です(*^_^*)
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット