つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_3885

2018年2月19日にスタバdeこぎんに参加しました。

スターバックス弘前公園前店にて月に一度、気軽にこぎん刺しを体験できる会です。

会費は特になくて飲み物を各自、頼みます。

私はドリップコーヒーをトールサイズで注文して、飲むことが多い。

この日はカップに煎れてくれました。コクがあって美味しい。当日かぎりで2杯目を150円で飲むことも可能です。

IMG_3884


外は雪模様でも、店内のディスプレーは桜色。さくらストロベリーフラペチノーノの黒板アートが楽しい。春らしいですね!

そうそう、スタバdeこぎんの主宰は、斎藤美佳子さんです。

さいとうサポート・ブログ

PCサポートを主な業務にしている女性起業家です。

2月22日はスターバックス弘前公園前店とのコラボ企画で、こぎん刺しのワークショップが予定されています♪


スポンサーリンク

こぎん刺しの輪がひろがる

IMG_3923

手染めのブルーのコングレスに虹色の糸で刺すのは、reikoさん。

こぎん刺しをはじめ手編みなどハンドメイド作家として活動しています。 パソコンのことも詳しくて、お話が参考になります!

おしゃべりで得ることも大きい。


IMG_3900

胸元にゆれるこぎん刺しとステングラスのチョーカーがすてき。

こぎん作家Swallowwtailさんの作品。

なんと旦那さまのお父さんがステンドグラス作家として幅広い作品を制作。弘前の洋館をステンドグラスで表現され、私も作品を百石町展示館などで見たことがありました。

Swallowtailさんのお舅さんだとは、このとき伺うまでつゆ知らず。

IMG_3892

そして旦那さまは写真家。このイケメンズのなかに写っているそうです。

きゃーどなたかしら~。

2018年3月3日、4日は入場無料で百石町展示館にて「今。切り撮る」の写真展が開催されます。ぜひ、どうぞ。

IMG_3919

こぎん刺しのブローチをブローチに。

ゆみさんの作品。


IMG_3406

私のこぎん刺しは、津軽工芸社で買い求めた茜の草木染のコングレスに、未晒しのこぎん糸で。

1月19日付けの陸奥新報に、「こぎん冬の陣 心揺さぶる力 再認識」のコラムが掲載されました。

過去記事:佐藤陽子監修、こぎん冬の陣で感動!!

ゆみさんやさしぼぅさんと一緒に見学。

ゆみさんがこぎんの素晴らしさに目をうるませて、さしぼぅさんもいろいろ解説してくれました。私は改めて津軽こぎんの力を感じたのです。

仲間がいるから続けられる。

スタバdeこぎんに感謝♫みなさん、ありがとう!


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

スポンサーリンク