つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_3731

シャロン甘洋堂は、黒石市の洋菓子店です。

うれしい頂き物で、久しぶりにケーキを堪能しました。

おうちカフェでまったりティータイム。

めんこい犬のケーキは、今年2018年が戌年だから。

まん丸い目元が表情豊かで、可愛すぎて食べてしまうのがもったいないほど♪


IMG_3720

イチゴたっぷりのケーキ。

どういう角度で撮影しようかと迷って、セロハン紙を取ったところで電話が……15分ほど話し込んでケーキを見ると、シロップが垂れてしまいました。
でも、とっても美味しかった!


スポンサーリンク

銘菓シャロンはモンドセレクション金賞

IMG_3757

シャロン甘洋堂は、昭和44年(1969)に創業の老舗。

店名そのままの銘菓シャロンは、口どけのよさとまろやかな甘みが評価され、食のオリンピックと称されるモンドセレクションにて金賞を受賞。

クリームの味がさわやかで、癖になるおいしさです!

秋田雨雀の生家跡にちなみ『雨雀の里』

IMG_3760

黒石が生んだ文学者といえば秋田雨雀(あきたうじゃく)です。

ご存じですか?

亡くなって55年経っているので、知らない方も多いでしょうか。

1883年に生まれて、1962年年に亡くなるまで小説や戯曲のほか、社会運動家としても著名。

私は黒石生まれなので、雨雀さんのことは親戚から聞いていました。その家は、父方の祖母が出た家で、雨雀さんと親交が深かったそうです。 

雨雀さんは私が生まれる前に亡くなっているのですが、そんなわけで何となく親しみを抱いていました。
秋田雨雀記念館は黒石こみせ駅2階、館長は伊藤英俊さん。
秋田雨雀記念館について

シャロン甘洋堂は、その雨雀さんの生家跡にお店があるんですって。何回も前を通っているのですが、そのことを初めて知りました。

シャロン甘洋堂のHP

IMG_3778

袋の中身はお団子みたいに見えますが、しっとりとした洋菓子です。

シャロン甘洋堂 
黒石市前町17-9

弘南鉄道黒石駅から徒歩15分。

ゆっくり黒石を散策しながら、こみせ通りの秋田雨雀記念館を見学して、シャロン甘洋堂でケーキを選ぶのもいいですね。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

スポンサーリンク