つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_2942


11月の終わり、スタバdeこぎんに参加しました。

店内はクリスマスバージョン、ペーパークラフトのクリスマスツリーがテーブルに♪

私が刺し模様は間違えてばかりですが、みなさんは上達が早い!
器用ですね。

地元の方はもちろん、転勤で弘前に住むようになった奥様も参加されています。

「スタバdeこぎん」は、北海道生まれで弘前在住の斎藤美佳子さんが主宰。11月末で25回目を数えました。


スポンサーリンク

こぎん初心者OK

IMG_2933

美佳子さんは、大作のkoginツリーを刺し始めていました。

美佳子さんのブログ:さいとうサポート

スターバックス弘前公園店前とは別企画なので、お店には問い合わせをしないようにお願いします。

こぎんをやってみたい!と、興味をお持ちの方は、美佳子のフェイスブックページやブログからコンタクトをお取り下さい。

IMG_2932

koginツリーは、そうた君ママも挑戦。

図案を見ると、壮大な物語で!

IMG_2936

いろんなモドコを組み合わせて、クリスマスツリーになるんです!

しかも、コングレスでなく、麻布に刺しているので、布目を拾い難いとのこと。

見ているだけで頭がくらくらしました。

IMG_2937

Yさんのブックカバー。

カラフルで読書が楽しくなりそう。

右は伝統的なモドコ。
左側の図案は、さしぼぅさんが考案したイニシャルです。

IMG_2939

さしぼぅさんの和風ティストもすごい!

おしゃべりに夢中になって、ほとんど手が進みませんでしたが、それがまた私には貴重な時間。みなさんとの世代間ギャップが新鮮で、情報源となっています。

IMG_2940


そして、こぎん刺しを実際にするようになって、家で針を持つことが増えました。

いま衣服を繕っています。最近、肌ざわりの良い木綿が気に入って、ずっと着ていたら傷んでしまって(-_-;)

それを修復。

こぎん刺しは、津軽にしかない農民衣の結晶とされる手仕事。農民は1枚の衣をすり切れても裂けても捨てることなく、繕いながら大切にしました。

その精神でいこうと思います。



IMG_2943

なお、スタバ―バックス弘前公園前店でも、こぎんの企画があります。

写真は黒板アート。

黒板の絵が上手すぎて、いつも感心しています。

次回のスタバdeこぎんは12月18日に開催予定。

また参加させてくださいね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


 
スポンサーリンク