つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_6597

弘前公園の紅葉は絶好調です。モミジは見事に赤く色付き、根上りイチョウからは、黄金色の葉が降るように舞い降りていました。

七五三の記念に、紅葉をバッグに写真撮影の家族もいましたよ♪

古くからある日本のお祝いごとの七五三は、男の子が5歳、女の子が3歳と7歳のときに、ぶじに大きくなっていますと、神社にお参りする習わしです。

IMG_2716

紅い着物の姉妹と紺地の訪問着のママとスーツのパパ。
健やかなご成長、おめでとうございます。

さて、撮影した11月6日は平日でしたが、海外からの観光客が多い印象でした。

もみじ谷がメジャーに


IMG_2722

紅いモミジが美しく映える弘前公園のもみじ谷。

地元民の私が知ったのはつい数年前。場所は蓮池の近くにあるお濠から天守閣へ上る石段のところです。
写真の階段の先には、南口の券売所があります。

すんごいですよ、この見事なモミジを目当てにカメラを持った人が順番待ち!

IMG_6596

中国語を話す方も多くて、もみじ谷のスポットをよく御存じですね!

観光ガイドに載っているのでしょうか。びっくり。

スポンサーリンク
 

根上りイチョウ


IMG_6589

1週間前はまだ青かったのに、6日は黄金色でした♪

見上げるような大木のイチョウは弘前公園の秋のシンボルの一つ。

この木のほかにもイチョウがあって、ギンナンを拾う方も。

もうしばらく見頃が続きそうです。

津軽三味線ライブ

IMG_2713

弘前城 菊と紅葉まつりも絶好調♪

菊が満開なのです。まつりは12日までですが、夜のライトアップは延長されることが多く、11月中旬ごろまで、きれいです。

さて、この日はちょうど津軽三味線ライブを聞くことができました。

演奏は「和 三絃会」のみなさん。津軽民謡の「あどはだり」「津軽じょんがら節」「あいや節」「りんご節」を演奏。

「和 三絃会」はふだん、富田町にある民謡酒場「あいや」で活動しているとのこと。

IMG_2709

真ん中の奏者は、兵庫県から弘前に修業にいらしたそうです。

その昔は、盲目の三味線奏者が流浪の旅をして、門付けをしながら芸をみがきました。
農民が熱狂して支えた津軽民謡。

その三味線の生ライブを久しぶりに。

しんみりと聴かせて、ときに叩きつけるように激しく。

津軽三味線の音色に、海外の方も聞き入っていました。

秋の弘前公園も見どころがたくさんです☆


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


 
スポンサーリンク