つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_2655

冷たい北風に、身をすくませながら歩くことが多くなった弘前です。
落ち葉が舞い散る10月30日、恒例のスタバdeこぎんに参加することができました。

スターバックス弘前公園前店にて月に1度、津軽こぎん刺しを楽しむ会。活動から丸2年が経ち、認知度もあがっているのでしょう。毎回、「初めまして」の方々とお目にかかります。

不定期かつ平日の開催ですが、赤ちゃんのいる若いママや初心者が、気軽に参加できるのが良いですね。転勤族の奥様も♪

さて、冒頭にアップしたのは、こぎん刺し『さしぼぅ』さんが制作した帯留めです。4月に開催された『こぎんフェス』にて私が買い求めた作品を、塩瀬の名古屋帯に合わせてみました。

合わせやすいデザイン! 私の宝物です。

さしぼぅさんの刺し目はほんとうに緻密。

スポンサーリンク
 

気軽にこぎん刺し体験


IMG_2622

麻のリネンに細やかに刺す技法は、他の方には真似ができない。

独自性がありますね。

この日はタペストリーを、完成させました。すごい♪

IMG_2625

こぎんのベンチ椅子に腰かけて、おしゃべりしたり、100均のくるみぼたんのキットを使う加工の仕方を教えてもらったり。

スタバdeこぎんは、さいとうサポートの斎藤美佳子さんが主宰しています。

美佳子さんのブログ:さいとうサポート

スタバ以外のお店でも集う日があるそうです。興味をお持ちの方は美佳子さんのブログやツイッターを、チェックしてみてください。

IMG_2628

今回、初参加の方は若い男性がおふたり。

お仕事の関係から、津軽伝統のこぎん刺しに心を惹かれたとのこと。藍のコングレスにきっちりとした刺し目です~。

几帳面な方なのでしょう☆

そうなんです、こぎん刺しは性格がわりと出るかも(-_-;)

IMG_2627

私の市松紋様です

くるみボタンにしたくて、ピンクの糸で刺していました。

IMG_2129

女性としても文筆家としても尊敬する先輩から、刺し子のコートをゆずっていただきました。

ボタンはリンゴの枝。この服を作ったデザイナーはボタンホールを作るとき、苦心なさったとか。リンゴの枝は堅くて、穴をあけにくかったそうです。

もちろん、リンゴの枝のボタンもすてき。でも、こぎんのくるみボタンもいいかなあと。

そう考えて、制作中。

こぎん刺しをするようになって、おしゃれの楽しみも増えました。

伝統のなかにも新しさを取り入れることが可能なこぎん刺しは、これからもどんどん進化するのでしょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


 
スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット