つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_1883

秋風を感じながら弘前公園を歩きました。

そうしたら、びっくりするくらい石垣修理のための解体工事が進んでました♪ 大きな石が丁寧にはずされて、土台が見えています。

IMG_1887

弘前城本丸の石垣改修事業は100年ぶりの大修理。天守を曳屋にて移動させるイベントが行われたのは、ちょうど1年前の2016年のシルバーウィークでした。

タレントも参加した曳き屋イベントで、たくさんの市民が天守をロープで曳きましたね。

スポンサーリンク
 

石積みは日本独自の技術


IMG_1889

弘前城の石垣は江戸時代に築かれました。

石積みは日本独特の技法です。
戦国時代は石切りの技術がまだなかったので、自然石を積む「穴太(あのう)積みだったと、小説家の佐々木譲氏が「オール読物」の2012年5月号で語っています。

穴太積みは比叡山の延暦寺や安土城などにいまも残っているそうですよ。

IMG_1886


ぞくぞくと並べられる石垣の石。

天守台上部には、イカの形の石も掘り出されて話題になりました。
全国的にも珍しい形で「いかすみ石」と命名。

なぞが多いので、これからも何が飛び出すかわかりませんね。


IMG_1888

初代藩主の為信(ためのぶ)公が計画し、2代信牧(のぶひら)により築城された弘前城。

そのときの5層の天守は、落雷により消失。

現在の天守は9代藩主津軽信寧(つがるのぶやす)公が、幕府からやぐらとして建築を許可されました。1811年に完成。

石垣は長い年月に渡り、築かれた遺構です。

幻想天守が24日まで

弘前城天守が白色LEDのイルミネーションで彩られる「幻想天守」が始まっています!


弘前城幻想天守~白虎・守護の章”と題し、弘前城天守が白色LED のイルミネーションとライトアップによる特別な照明演出で彩られます。
幻想的な一時をお楽しみください。
日時:2017年9月16日(土)~24日(日)、18:00~21:00
■会場:弘前公園本丸(下白銀町)
■入園料:大人=310円(250円)、子ども=100円(80円)※( ) 内は10人以上の団体料金。※期間中は通常期と異なり、午後5時以降の入園も有料となりますのでご注意ください。
■問い合わせ先弘前市観光政策課(0172-35-1128)
参照元:http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/new_details.html?id=CNT00109121548219614

夜もステキですし、昼は秋風が心地よく、木々がいくらか紅葉をはじめている弘前公園。

IMG_1880

弘前城 菊ともみじまつりは、2017年10月20日~11月12日の予定。

深まる秋、真っ赤に色づいた木々や黄色い大銀杏、菊人形の時代絵巻が楽しめます。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


 
スポンサーリンク

コメント

コメント一覧

    • 1. 津軽ジェンヌ
    • 2017年09月20日 20:42
    • 石垣工事、すっごく進んでいますね。石垣半分くらいの高さまで石がない!!
      幻想天守に行った時は、夜だったし。
      その前に行った時は土曜日?日曜日?で、シートがかかっていて石垣見られず。

      五重塔や植物園のヒガンバナはそろそろでしょうかね。
      調査?に行かなくちゃ(笑) (*’∀’*)b
    • 2. natu
    • 2017年09月21日 13:07
    • 5 津軽ジェンヌ様

      こんにちは。
      そうなんです、石垣の工事は進んでいました♪
      幻想天守を観に行きたいのですが、なんかこの頃、夜の外出が億劫で……。
      ヒガンバナ、そういえばこの時期ですね!
      秋を堪能して、冬に備えて体力作りをしたい。
      この頃、足腰が弱ってきたので~。
      コメント有難うございます(*^_^*)
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット