つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_1788

回転寿司スシロー弘前さくら野SC店が8月17日にオープン。
開店して数日は行列がすごかったため、少し様子をみていました。

この日は昼の混雑時を避けて、午後3時という時間帯のせいか待ち時間はなし。
スシローのアプリを携帯に入れると、待ち時間がどのくらいかわかるんですよ。

場所は弘前さくら野百貨店のすぐ近くです。

オープン記念の期間限定品を楽しみに、久しぶりの回転寿司♪


IMG_1770

明るい店内のテーブル席には、タッチパネルがあります。
「ご注文はタッチパネルからできますが、やり方はわかりますか?」
こういうのはまるで疎い私。店員さんがやさしく説明してくれるので、そのとおりに。

IMG_1767

ターンテーブルに乗っているお皿をとることもできますが、注文してみました。

テレビCMで流れている「濃厚うに包み」を!

IMG_1771

わさびはついていなくて、お好みで各自トッピングします。


IMG_1772

め、めんこい~。

ぱくっと一口サイズ。うにのまろやかな味わいが楽しめます。

次はなにを頼もうかしら。生キングサーモン、えんがわ焦がし醤油、生サンマ、トロあじ、イベリコ豚の中落ちカルビとか、いろいろあるんです。

それでは次に本格うなぎの蒲焼きを、タッチパネルで注文しました。こちらもおススメメニューの100円。

スポンサーリンク
 


「ご注文のお品がもうすぐ来ます」「ご注文のお品がもうすぐ……」
あっちからもこっちからも声が聞こえる。

ターンテーブルに注文の皿が置かれると、機械音が流れて知らせてくれるのです。隣りのテーブルからの音声も聞こえるため、少し聞き辛い。

たれも焼きも本格派!という本格うなぎの蒲焼き100円は来ませんでした。途中でどなたかが皿を取ったのでしょう。

それで、つい手に取ったたのが、炙り上穴子?

IMG_1774

穴子とウナギの区別がつかなくて、180円のお皿をゲット。
やわらかでおいしい。

さて、次はなににしようかな。

くるくる回るお寿司を見ていると、私の目も回ってしました。

IMG_1776

えんがわ焦がし醤油

IMG_1787

エビと生さんま

どちらもおいしくて、ぺろりと食べました。

IMG_1784

生ハムとオニオンサラダがのっているお寿司。

若い人にウケそうですね!

目が回ってしまったので、会計をお願いしました。店員さんを呼ぶボタンが解からなくて直接、呼び止めましたが、タッチパネルのなかにボタンがあります。

知らなかった~、タッチパネルで注文するお店で未来型と感じました。

こういうのはお子さんのほうがすぐ理解するのでしょうね!

IMG_1766

スシロー弘前さくら野SC店
弘前市大字高崎2-17-5
℡0172-29-4451

営業時間は平日 11:00~23:00
   土日祝  10:30~23:00
ラストオーダーは閉店時間の30分前となっています。




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


 
スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット