つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_1487

東京スカイツリーの上層階から、鳥になった気分で地上を見下ろしてみたい。
今夏、家族で出かけることができました。

8月20日の映像です。雲りがちでしたが、雨は降っていません。
それにしても日曜日のせいか、スカイツリーは超満員。

ふだん静かな地方に住んでいる私は、若者が多いことにまず目を瞠りましたね。東京は活気がありました。人が多くて、それがエネルギーになっているみたいで。

Soramachiそらまち


IMG_1500

スカイツリーと連結している『Soramachi(そらまち)』

建物の内部は、伝統工芸やキャラクターグッズを売るショップが並んでいました。

IMG_1493

飴細工を売っているショップ。
値段が手ごろで、きれいな飴細工は見ていて楽しい。

ライトの加減で宝石みたいに。

IMG_1492

かんざしを売る店です。海外の方も足を停めて見入っていました。

スカイツリーやSoramachiがあるのは墨田区。浅草にも近いので伝統的な革細工の店も。

ドーナッツ店やカフェなど食べ物屋さんもたくさんあります。

スポンサーリンク
 

展望回廊


IMG_1514

スカイツリーの高さは634メートル。

一般の人が見学できるのは展望デッキ350メートルならびに、展望回廊の450メートルまで。
写真は展望回廊の様子です。

地上の建物が小さくて、まるでミニチュアみたい!
隅田川や浅草の浅草寺もばっちり見えました。

IMG_1516

東京って密集地なんだな~。改めて感じるひととき!

晴れてはいませんでしたが、それでも見渡すことができて満足。

聞くところによると、夜景が人気だそうです。
「たそがれどきの真っ赤に沈む太陽と、刻々と変化する雲が素晴らしい」
チケットを買う前に、そのことを知っていたら!

セブンイレブンでチケット購入可能

弘前にセブンイレブンができたのは、2015年でした。スカイツリーのチケットは事前にセブンイレブンのマルチコピー機から買うことができます。

マルチコピー機を初めて使いましたが、操作は難しくありません。

今回は日時指定のチケットを買ったので、行列の方々とは別に優先的に展望デッキや展望回廊へ昇ることができました。

時間の節約になって良かったです。ただ、マルチコピー機から時間指定を買うと、日時の変更ができないようなので注意を。

IMG_1519

展望回廊ではちょうど「機関車トーマス」フェアが開催中で、チビッ子たちに人気。

さて、東京ツリーチケット代ですが、ちょっとお高い~。
私が見学した昼の時間帯は、大人ひとり展望デッキと展望回廊のセットで、3600円
早朝8:00~9:30は割引あり

展望デッキまでの入場料金は昼の時間帯で2600円です。
参考サイト:TOKYO  SKY TREE

IMG_1505

展望デッキでは、記念写真のサービスがありました。

持参カメラでも撮影してくれて、写真の購入は自由ということなので、並んでみました。

BlogPaint

大人も充分、楽しめる!

和傘や扇子など、海外からの旅行客にもウケるような日本の情緒を大切にしています。

実際、欧米人やアジア人の方をたくさん見かけました。

すごい混雑ですが、スタッフが誘導してくれるため、スムーズに見学できます。

東京オリンピックまであと3年、2020年はさらに混むだろうと思いながら、1時間ほどの展望デッキと展望回廊を見て、地上に降りたのです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


 
スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット