つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_1177

弘前ねぷたまつり、始まってらっきゃ!
「ヤーヤードー」の掛け声に、血がじゃわめいで通りに駆け出して見できたよ。

8月3日付けの地元紙に、茂森新町ねぷた同好会が扇の部で知事賞を受賞とありました。おめでとうございます。絵師は三浦呑龍さん。

勇ましい武者絵です!

IMG_1174

前ねぷたは『たか丸』君と福助。「祝 弘前四中創立七十周年」の文字が見えますね。

弘前ねぷたは町内会や同好団体が一丸となって作り上げます。扇ねぷたの鏡絵や見送り絵は絵師が手がけ、前ねぷたはユニークさや、趣向を凝らし、各団体の手作りがほとんど。

スポンサーリンク
 


土手町運行は4日まで、5・6日は駅前運行


IMG_1135

威風堂々とした『たか丸』君は弘前市の公認キャラクター。頭に本丸のヘルメットというか、ぼうしをかぶっています。

弘前市のねぷた。

IMG_1136

勇壮な鏡絵。

生首が飛ぶ~。

本ねぷたはこちらで、大型です。

IMG_1140

見送り絵には美女が描かれます。

鏡絵の主人公と呼応するように、夫人や愛妾など。

IMG_1141

夏に雪景色とはしゃれていますね!

7月の酷暑がつづいたときは死ぬかと思いましたが、この頃は朝夕、涼しい。

過ごしやすい弘前です。

IMG_1145

向外瀬ねぷた愛好会は、弘前市議会議長賞。


IMG_1158

ホラー系の前ねぷたですよ。下新町(しもあらまち)。

IMG_1159

ろくろ首で、首が伸びる仕掛け!

青白い顔がきれいなだけに、怖い。

IMG_1160

こちらも激しい戦闘を描いていました。

鏡絵は一転して、クールビューティ。

IMG_1162

戦いの後、しゃれこうべになった愛しい武者を抱く妻でしょうか。捕えられた女人と、狼に喰われる武人はなんとも凄絶。

ねぷた・ねぶたはねむり流しの風習から根付き、藩政時代は七夕まつりとして殿さまもご覧になりました。

IMG_1155

太鼓を打ち鳴らし、哀調を帯びた笛の音を奏でる囃子方と、綱を曳く子ども達。

おっきいねぷたコ、後がら。
終盤につれて大型ねぷたが登場します。

弘前ねぷたまつりは8月7日まで。
8月1日~4日まで土手町を、5日と6日は駅前を運行します。
いずれも午後7時から開始。

台数が多いので、たっぷり楽しめます!


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


 
スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット