つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_0967

恒例のスタバdeこぎん2017年7月は、関東からのブロガーを迎え、虹色のこぎん糸でイニシャルを刺してみようという企画でした。

レトロモダンなスターバックス弘前公園前店の応接室に集合して、参加者16名にお子さん3名で、終始なごやかで賑やかに。

スタバdeこぎんはさいとうサポートの斎藤美佳子さんが主宰し、21回を数えました。

こぎん刺しを気軽に体験できる会なので、転勤で弘前に暮らし始めた奥様方も参加しています。

虹色の糸でイニシャルのこぎん刺しを


IMG_0979

こぎん刺し屋さしぼぅさんが、イニシャルを図案化。

とっても細やかな刺し模様です。
昨年は大鰐町の『星野リゾート界』にて、個展も開催された作家さんです。

スポンサーリンク


虹色工房1chiさんから提供された虹色グラデーションの糸を使用し、イニシャルを刺してみよう!
ということで、私もイニシャルを刺してみました。

natuのN。
IMG_0969

上が私のN、下は『ガーデンガーデン』赤石さんのN。

赤石さんはプロのこぎん作家さん、さすがにきれい♪ 

グラデーションをうまく出すには、コツが要る!と、やっとわかりました。

IMG_0961

関東からいらしたスタバ旅ブロガーのケンタさんが、こぎん刺しに初挑戦!

夜行バスで弘前に到着し、疲れをみせずに針と糸を手にされました。
ケンタさんぼブログ:オシャレ代表格の弘前スタバでこぎん刺しを体験してみた!~スタバ旅184回 青森・弘前公園前店

全国各地のスタバを訪ねる旅ブロガーのケンタさんは、お若く見えますが40歳。

奥さんとお子さんがいる方です。

ケンタさんにこぎん刺しをレクチャーしているのは、Swallotailのあげはさんです。

あげはさんは多方面に活躍するこぎん作家で今夏、星野リゾート界で個展を予定。

IMG_0973

いや~、あげはさんの手業の見事さにため息です!

こぎん作品を、ブローチにその場で加工してくれました。
「布の端をほどくと加工しやすいのよ。力も要るけれど、慣れだから」

IMG_0976

数分で一個を加工するなんて、すごい!
虹色のこぎん糸で刺したイニシャル。

きれいな色合いが特徴。

IMG_0971

たくさんの方が参加したスタバdeこぎんでした。

IMG_0977

イニシャルは私も1時間くらいで、完成させることができて、感激!

紺色のコングレスに刺すのもステキですね。

ケンタさんもちゃんと『K』を作品にされました。

こぎん男子、これから増えるのではないでしょうか。

お目にかかれた皆さま、今回もありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


 
スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット