つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_0550

晴れた朝のすがすがしさは、新緑のこの時期ならでは!
週に2~3度、近所を中心にウォーキングをしていますが、ときに弘前公園へでかけることも。

朝日のシャワーを全身に浴びることができます。

朝5時半~6時半ころ、たくさんの方がジョギングやテニスで汗を流していました。

青森が短命県1位なんてウソだべ?
健康への意識が高い人は高い。

毎朝6時30分からのラジオ体操には大体いつも30~50名以上がいますし、夏休みにはいると観光客の方も参加して100名以上のこともあります。

スポンサーリンク



弘前城石垣改修工事

IMG_0536

石垣修理事業は順調です。

大きな石垣をひとつひとつはずす作業は始まって間もないのですが、これを組み直すのですから、世紀の大工事。

10年ほどかかる予定です。


本丸と岩木山がくっきり

IMG_0351

曳屋にて移動された本丸。

展望デッキから弘前城と岩木山が望めます。

早朝は空気が澄んでいますから、青い空に岩木山もくっきり。

歩いてじっくり散策すると半日くらいかかる園内です。

私がうっとりするのは、お濠に映る新緑の美しさ。

IMG_0412

水鏡になって、小さなさざなみに揺れる風景は幻想的。

そうそう、ハス池のハスの花は来月でしょうか。

工業高校の出口のところにある睡蓮は、私が見たときはつぼみでした。ハスよりも一足早く咲く睡蓮はモネの絵画のようです。



スポンサーリンク



城フェスとは?

6月30日~7月2日まで弘前大学の構内や弘前公園で城フェスが予定されています。

ダンスの祭典とのこと。

りんご飴マンさんが、フェイスブックで城フェスについて熱く語っていました。

noteのページに詳しく、城フェスが若者たちの情熱を傾けるイベントだと解かります。

城フェスは若者たちのダンスイベントで、ハンドメイド作家たちも出店する予定。



りんご飴マンさんは、元広告会社にお勤めだったので、ネット戦略やWEB記事が上手。

赤いペインティングが目立つのでおちゃらけたイメージがあるかもしれませんが、とても真面目な頭の良い方です。

「青森の暮らし」の私の連載『城下町通信』にも登場して頂きました。 若い移住者の発想やアイデアは、中高年とは全く違いますね。

城フェスは夜9時半ころまで開催の日もありますから、わたしも見学しようと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


 

スポンサーリンク

コメント

コメント一覧

    • 1. 青森太郎
    • 2017年07月03日 11:06
    • こんにちは。
      昨日、たまたま、西濠近くの蓮池のオシドリ親子が見れるかと
      寄って、ついでに本丸へ。ものすごい熱気のエリアでした。
      引き込まれるように、ダンスの2オン2バトルを決勝まで見てました。
      ちょうど、私の前にはりんご飴マンさんが。
      少しだけ話せました。

      こちらで城フェスの事が書かれていなければ
      見逃してました。ありがとうございます。
    • 2. natu
    • 2017年07月04日 06:08
    • 5 こんにちは。
      城フェス、夏空の下で熱気だったでしょう。
      私はちょっと出かけられなくて、観ることができず残念でした。
      りんご飴さん、人気者ですね~♪
      コメント有難うございます(*^_^*)
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット