つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_9313

弘前は桜の町だっきゃ!
天満宮のシダレザクラも見事でらよ~。

県天然記念物に指定されている推定樹齢500年以上の古木が、今年も咲き誇っています!!
私は初めて桜の時期に天満宮にお参りしました。
市民でも見ごろの時期に、ちょうど合わせて出かけられないもの。
今回はたまたま写真屋さんで満開のシダレザクラの写真を見て、ぜひにと思い、お参りに。

場所は禅林街の入り口です。

弘前市西茂森1丁目1-34
お問い合わせ0172-32-5796

五重塔がある最勝院とともに卯年の一代様。
全国にある天満宮は菅原道真公を学問の神様としてお祀りしています。
福岡県大宰府の飛梅(とびうめ)伝説もよく知られていますね。

スポンサーリンク


弘前天満宮とは?

IMG_9297

弘前天満宮の場所は、もともと山伏の大行寺があったそうです。
山野に住んで修行する僧が山伏。
修験者ともいい、厳しい修行で心身を鍛錬する教えです。

境内は見晴らしの良い所で、出かけた日は「梅まつり」が4月26日まで開かれていました。
梅と桜がほぼ同時に咲くのは、北国ならではのこと。

境内は梅の香りに包まれ、私たちは吸い込まれるように鳥居をくぐったのです。

IMG_9306


すると迎えてくれたのは、きれいに咲き誇るソメイヨシノ。
この木も豪華絢爛たる春のよそおい。枝いっぱいに花を咲かせていました。

IMG_9309

天満宮の拝殿。

IMG_9318


卯年の一代様ですから、うさぎの狛犬がありました。
津軽地方では多くの方が自分の干支の神社を一代様として、お参りしてご加護を願います。
めんこいうさぎでした。

IMG_9303

梅まつりのお接待で、お抹茶をごちそうに。
梅の形の干菓子付き♪

ありがとうございます! 
とってもおいしかった。

IMG_5738

岩木山がくっきり望める場所にあるシダレザクラは県指定の天然記念物。
樹齢は500年以上とされて、全国的にも貴重な桜の古木です。


IMG_9314

江戸時代から保護されてきたシダレザクラを眺めることができ、パワーを貰った気分です。

IMG_9298


鳥居のそばのソメイヨシノも満開でした。
梅の香りと風情ある桜の木々に満ちて、立ち去るのが名残惜しい弘前天満宮。

城下町ひろさきの隠れた名所です。


人気ブログランキングへ




  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村


スポンサーリンク 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック