つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_8926

記念セレモニー「石垣解体始め式」から一夜明けた10日。
弘前公園に来ました。
すっきりとした晴天に石垣を囲む足場と、ピンクの桜をかたどった「100」 の旗がはためいています。
弘前さくらまつりは100年目の観桜会。
出店の受付開始・2017年弘前さくらまつり
 
写真の手前にある石が、解体始め式で外された一個。
なんと重さが1トン! 
輝石安山岩 で、記念セレモニーでは1分ほどをかけて約10メートル下の内堀にクレーンでゆっくり下されました。

IMG_8928


2019年3月までに3000個の石が外されます。
解体作業は13日から本格的になりますが、桜まつり期間中の4月22日~5月7日までは休工に。

 
スポンサーリンク

石垣大改修を観光コンテンツにして地方創生も
 

IMG_8929


曳屋で一時的に移動した天守です。
10日は澄みきった青空に残雪の岩木山と天守が映えていました。これに満開の桜が加わると、圧巻の眺めです!!

この天守は2021年中に元の位置に戻されますので、天守の肩越しに岩木山を撮影できるのは、限定された期間となりますね。

石垣改修が完了するのは2023年度の予定。
葛西市長は記念セレモニーでこうお話したそうです。
「石垣大改修を観光コンテンツとして磨き上げ、新たな価値を生み出して地方創生に結び付けてゆきたい」
また、この工事では解体しながら、発掘調査も行われるそうです。

IMG_8886


 天守の内部も見学できます。
曳屋工事の資料もたくさん。

階段は急ですが、3階へ上ることが可能。

IMG_8889

天守の3階には、全国のお城の写真がありますよ。

桜が満開の時期には、天守の窓からほんとうに豪勢な花吹雪も観ることができます!
江戸時代には殿さまや藩士でないと、登ることができなかった天守。いまなら入場料310円で堪能できます♪

IMG_8934


武徳殿の前方にはサンシュユが満開。
子福桜が緑の相談所のところに、またピクニック広場ではロトウザクラも満開とか♪
園内は広くて、きのうはそんなに歩けませんでしたが、お楽しみはこれから。

野鳥が啼き交わしながら飛び、恋の季節ですね。今年もフクロウのひなを観察できるでしょうか。
自然も豊かな弘前公園。

弘前さくらまつりは4月22日から開催されます。



 
 

人気ブログランキングへ




  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村


  スポンサーリンク 

コメント

コメント一覧

    • 1. JA7GUX
    • 2017年04月14日 16:50
    • こんばんは。

      先日お邪魔したとき 展望台に旗の設置をしていましたが、「あそこの旗は、お城と岩木山を撮るとき邪魔ですよ」って言ったら、実行していました。
      さすが、弘前市職員 感謝です。
    • 2. natu
    • 2017年04月15日 22:51
    • 5 JA7GUXさま
      さすがJA7GUXさんは、カメラマンですね!
      市職員にアドバイスとは~♪
      私も近いうちに植物園へも行ってみたい。
      そして明日は、いしたの梅まつりに行けたらいいなと考えています(*^_^*)
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL