つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_8865

青森市新町でお寿司をいただきました。
回らないお寿司は久しぶり!
海の町・青森なのでネタも新鮮で す。

大黒寿司
青森市新町1-2-6
℡017-722-6480

IMG_8868

JR青森駅から徒歩2分というお寿司屋さん。
新幹線にアクセスできる新青森駅ではありません。

県庁や古川市場などが徒歩圏内の青森駅のほう。
30年前は連絡船が停泊していた駅舎です。
えっ、連絡船を知らない?
青森の小学生は修学旅行といえば、青函連絡船に乗って函館市へ行ったものですよ~。


スポンサーリンク


それはそうと、『青森の地魚でズッパど・特上握り寿司』の看板横には地酒もいろいろ並んでいます。

「ズッパど」は津軽弁で、たくさん、いっぱいという意味。

IMG_8862

ランチに、昆布の佃煮がついていました。
落ち着いた店内で、ゆったりできます。


IMG_8866

 エビのお吸い物もおいしい。
三つ葉の香りがして。

IMG_8864

 サーモン・イカ・タコ・甘海老・マグロ・ハマチ・玉子に鉄火巻とかっぱ巻き。
もうね、握りですから一口で。
お口の中がネタとシャリのハーモニー♪

ランチは1000円です。

BlogPaint

 東奥日報のリレーエッセイでご一緒の青柳隼人さん、歌人の斎藤葵和子さん、そして民俗研究家・故田中忠三郎先生の奥様と会食し、楽しく話が弾みました。

私は母のお下がり小紋を着て……。田中忠三郎先生からはBOROやこぎん刺しや南部菱刺しの農民衣をたくさん教えてもらいました。

もったないからとタンスにしまい、着ることがめんどうになって忘れられた和服。なんとか自分で着ることができて、良かった。

お会いできた皆さん、ありがとうございます!
そして、大黒寿司さん、おいしかったです!
また青森に出かけたら、ぜひ食べたい♪
 

人気ブログランキングへ




  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村


  スポンサーリンク 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック