つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_5831

羽田空港の国際線は便利ですね。
旅行記番外編①です。

今回、新青森駅から新幹線で東京駅に着き、浜松町に向かい、そこからモノレールで羽田へ。
移動時間は弘前の自宅から換算して、5時間足らずといったところ。

聞いたところでは、成田よりも羽田のほうがアクセスがよく、空港の国際線もコンパクトだとか。

羽田空港からマレーシアへの直行便が出ているエアアジアに乗りこみました。
海外へ行くのは初めてだったので、迷う時間も見込んだのですが、都内に住む下の子が、 東京駅まで迎えにきたこともあって、すんなりとエアアジアのカウンターへ。

IMG_5830

LCC格安航空エアアジアの搭乗手続き。
ウェブからできるそうですが、やり方が解からず、並びました。
バウチャーをプリントした紙があれば、だいじょうぶ。

スポンサーリンク


エアアジアのクアラルンプール行きは毎日、就航しています。
出航は午後11時45分、深夜です。

IMG_5833

国際線には24時間営業の「吉野家」やレストランがあります。
私達は、吉野家で腹ごしらえ。

出国の手続きを終えると、免税店が並ぶターミナルへ。

IMG_5841

グッチ、シャネル、コーチ……
真夜中なのに、開店してる。
昼間と変わらないようなきらびやかさ。

空港は眠らないのだ。

IMG_5839

化粧品も各国のメーカーが並んでいます。

カフェやバーもたくさん。
ここで、上の子が勤める会社のオーナーへ挨拶の手みやげを買っていないことに気づきました。

でも、大丈夫。
仙台の銘菓「萩の月」を買いました。
弘前に本店がある「ラグノオ」があれば、ラグノオのお菓子にしたのですが。

日本のお菓子は、美味しいことで有名で、人気です。

スポンサーリンク


「パスポートと搭乗券を見せてください」
店員さんから、提示を求められます。

免税店は、出国する人だけが行ける。
帰国の際には寄ることができません。

私はブランド品についてよく知りませんが、免税店で買うと、20パーセントくらいお安くなるそうですよ。
店が多くて、銀座のデパートみたい。
びっくりして、眠気が吹き飛ぶ。

IMG_5843

エアアジアの機内は寒いので、真夏でも上着を


乗りこんだエアアジア。
格安航空だけあって、座席は狭い。
機内食や飲み物はサービスではなく、そのつど払う。
日本円をだすと、お釣りはマレーシアの通貨、リンギットで。

それから、機内は寒いのです。
高度があがるからでしょう。
防寒対策が必要です。
ウインドブレーカーかフリースがあると、過ごせます。

くつろぐために、スリッパと厚手の靴下、それから、空気を入れてふくらむ枕、マスクと耳栓も準備。
7時間の空の旅。
夜間飛行は、正直、眠れません。
クアラルンプール国際空港に着いたときは、ぐったり。

海外への初めての旅は、体力があるうちに経験するものだなと、感じました。


スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック