つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_3776

夏休みは、高校生のみなさんがオープンキャンパスに出かけることが多いと思います。

国立大学の場合は、共通テストの点数によって振り分けられることがあるので、必ずしも希望する大学を受験できるわけではありません。

でも、私学はよほどの難関でないかぎり、希望する大学へ進めるケースがほとんど。

私のふたりの子どものうち、ひとりは専門学校へ、もうひとりが大学へ進学。
教育費はやはりかなり頭の痛い問題でした。

専門学校は2年間なので、学資保険で下りたのと預貯金で学費を払いました。
でも、下の子は県外の大学に進み、そのとき、奨学金を借りる選択をしたのです。

「家を離れたとき、ちょっとは心細い気がした。
でも、開放感があって、やったー!って、叫んだの」と、うちの子が話したことがあります。

私は自分ではプレッシャーをかけたつもりはなかったのですが、子どもにとってはけっこう口やかましい、厳しい親だったようです。

それはそうと、遠くの大学でアパートを借りて暮らすとなると、教育費は高額になります。
国立大学だとしても、ざっと計算すると、年間の授業料 58万円×4=232万円
これに部屋代を仮に 4万円として年間48万円 4年分で192万円

さらに、初年度は入学金に、アパートの敷金や礼金、教科書代。
その後も、ゼミ旅行代、就職活動費……。

子どもは塾のバイトを頑張りながら、4年間を過ごします。
その間、英語を学ぶため、6週間ですが、アメリカにも滞在しました。

なんだかんだで、最低限でも500万円以上はかかったはず。
そのうちの半分を奨学金でまかなった計算になります。

IMG_4489

奨学金は進学の夢を叶える魔法の杖

苦学生のための心強い見方が奨学金制度。

昨今は、学生のうち、2人に1人は 利用しています。
問題になっているのが、滞納者。
全国で33万人にのぼるとか。

私の子どもは、幸い、自分で働いて返済中。
とっても忙しい職場で、ふだんはろくに寝る暇がないみたい。

ただ、休日を与えられているので、ブラック企業とまでは言えません。
それとうちの子は、車を持っておらず、返済は奨学金だけ。
月々5万円を借りて、4年間ですから、240万円を奨学金で借りました。
月々15000円を15年かけて返済します。

会社は幸い、お給料をきちんと払ってくれています。

私は昭和の人間なので、認識が甘かったのですが、いまは、大卒でないと、正社員にはなかなかなれないよう。
派遣や非正規で働いて、こつこつと実績を積んでいけば、いつか正社員になれる。
そう考えていましたが、子どもの話ではそんな甘いものではありません。

「うちの会社は新卒で入った人しか、正社員にはなれないのよ。
いくら有能な人でも、派遣はずっと派遣なの」

スポンサーリンク


リスクは就職や結婚に⁈

昭和の常識は、もはや非常識ですね。
そして、シャープや東芝をあげるまでもなく、正社員だからといって、昔のように定年まで安泰なわけでもなくて。

いま、私が気にかけているのは、奨学金の返済が足枷になって、結婚に影響を与えるというニュース記事があったこと。東奥日報6月15日付けの「天地人」のコラムに載っていたのです。

ある方は結婚後も10年ほど奨学金を返済していましたが、妻は大学生になった娘に「奨学金のある人と結婚してはダメ。苦労するわよ」と、アドバイス。

奨学金は借金というイメージが強い昨今なので、どっきりとした記事でした。

成績が優秀だと、返さなくてもいい給付型の奨学金をくれる団体があります。
そうでなくても、体力に自信があるなら、新聞配達をしながらお金を得る新聞社の奨学金も。

きつくて、学業にさしつかえるのは本末転倒ですが、働きながら学び、夢を抱いて自分の道を歩む。
そんな方法もけっこうあります。


 スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック