つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

IMG_3933

つがる☆時空間natuです。
訪問ありがとうございます。

センター試験が迫ってきました。
今年の全国の受験生は53万1880人。

試験日は1月16日 午前9時半から
     そして翌日の17日

県内でも弘前大学や青森公立大学など
試験会場があります。

受験生を送迎する車で渋滞や
雪の影響があるかもしれません。

受験するご本人はもちろん
親御さんも
緊張の一週間と思います。

あきらめないで

私は共通一次で失敗し、結局、
不合格で
高卒の学歴しかありません。

そのときの悲しみは20代まで尾を引いて、
大学へ行きたかったと
ずいぶん悔やんだものでした。

それから、
実家の家業を手伝っていたのですが、
十代の終わりに
継母が病のため、手術することになり、
私がひと回り下の妹の世話や
家事を担うことに。

父は私に対してとても支配的でしたから、
外出すらままならず、
不本意な暗い青春を送りました。

そんな私も縁あって結婚し、子どもに恵まれて
あっという間に
子どもが高校3年となり
受験の時期を迎えます。

ところが
実は我が子も、センター試験は思ったより
点が取れませんでした。

自己採点で蒼白となり、
涙を浮かべたのです。

IMG_2030


私は粉々に砕けた気持ちが解かるだけに、
かける言葉もありません。

でも、
そのときの高校の先生が
「センター試験の点数を圧縮して
2次を重視する国立大学があるから
そこに懸けてみましょう」と、アドバイスをして下さいました。


それで、子どもは気を取り直して、
甲信越地方の大学を受験したのです。
2次試験は、親が付き添うケースがほとんどですが、

私は仕事があるので、
子どもは独りで電車を7時間乗り継ぎ
現地入り。

「母さん、今、電車を降りて、駅前を歩いている。
こっちさ、着いだら、なんも雪ねえよッ」と

携帯電話で連絡をくれたのですが
急に声を小さくしました。


スポンサーリンク


「前を歩いている人がふり返って私を見るの。
   訛ってらんだびぉん」

同じ日本海側でも、新潟まで行くと
イントネーションが全く違います。

これ以降、子どもは自分の言葉に注意深くなり
   津軽弁を封印。

IMG_1991


ところでホテルは、この時期、
どこも受験生用。

そして母が付き添うケースばかり。
でも、うちの子どもは
独りでも平気だったそうで、
試験後は


「却って、うるさい母ちゃんがいなくて
集中できた」と、
意外にもさっぱりした顔で、帰ってきました。

奇跡的に、合格通知を頂きました。


最後まであきらめることなく、
2次試験を受験して良かった。

担任の先生の適切な指導のお蔭でした。

私にできたことは、
神頼みだけでしたから
今も感謝しています。

通知がきたら入学金の振込


さて、合格通知がくると
すぐ入学金の支払いがあります。


今年は28万2000円。

郵便局で振り込んで、その領収書を添付した書類や
卒業証明書を取り揃えたり
何枚もの書類を書いたりして、
私はすっかり頭が痛くなりました。


「母ちゃん、処理能力が小さい、
もう混乱して、限界?」と子どもに言われるくらい
書類が多かったですね。


その後、学生寮を申し込んだのに
抽選に落ち、急きょ 車で現地へ走り
アパート探しもしました。

前期の授業料と入学金
アパートの契約金と
独り暮らしのための電化製品やベッドで
100万円はあっという間に飛んでいきます。

受験させて、大学で学ばせるには
親の覚悟が試され、
体力勝負なんだなあ。

つくづくそう思ったものです。


まとめ

親にできることは、お金の準備。
そしてくれぐれも
自分自身が倒れないようにすること。

拙い体験を最後まで
お読み下さりありがとうございます。




 スポンサーリンク

コメント

コメント一覧

    • 1. JA7GUX
    • 2016年01月13日 18:58
    • こんばんは

      我が家は二人とも推薦で地元に残ったので、大学受験のっけいけんがないです。
      そういう自分も、大学はとっとど諦めて専門学校に進んだので、今の時期でも
      チャランポランしてましたね。(*^。^*)
    • 2. natu
    • 2016年01月14日 09:07
    • 5 JA7GUXさま

      おふたりの子どもさんたちが推薦で大学に入り、自宅から通学されたのですね。
      一番の親孝行ですよ。

      私はいま振り返ると、あたふたとした受験のこと、良い経験だったと思い、
      懐かしい気がしたので、忘れないうちに書き留めました。
      JA7GUXさまはちゃらんぽらんではなく、飄々と道を歩まれています♪
      理想的ですよ☆
      コメントありがとうございます(*^_^*)

    • 3. 母
    • 2016年01月16日 21:53
    • こんばんは!初めてコメントいたします。今日センタ ー試験一日目が終わり、正に息子が顔面蒼白になっております。明日もあるというのに、糸が切れたみたいです。natuさんのとても参考になりました。お嬢さま一人で行かれて立派ですね。この先直ぐ親も覚悟しないと。どうなる事やら…
    • 4. natu
    • 2016年01月17日 10:19
    • はじめまして、コメント有難うございます。
      ご子息さま、試験にうまく解答できますように☆
      ご本人はもちろん親御さんもこの時期はたいへんで、
      2次試験をごこに出願するかの検討は大切です。
      お力になれない私ですが、ご健勝を祈念しております。
      *すみません、投稿者名の欄にハンドルネームが履歴のままだったみたいで、
      勝手ながら『母』とさせていただきました。
      ご了承ください。どうぞ今後ともよろしくお願いいます。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック