つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

田舎館村の田んぼアートは今年で23回目。
第1会場は村役場の敷地内にある展望台から観覧できます。

 
021
 

8月末まで観覧時間は 8:30~18:00  
最終入館は17:30
9月から10月2日までは 9:00~17:00の時間となっています。
 
今回はハリウッド映画が題材です。
「風と共に去りぬ 」
ハリウッドの数多ある名画のなかでも、伝説的な大ヒット作。

日本での公開は1952年
ヴィヴィアン・リーとクラーク・ゲーブルの有名なワンシーンが、田んぼに!

   田をキャンバスに


古代米など色の異なる稲を植えることで、微妙な色彩を表現しているのですから、素晴らしい。
こちらは11種類の稲を使っているそうです。
新品種『青天の霹靂』も、しっかりアピールされておりますが、
クラーク・ゲーブルの髪の毛筋や、シャツの陰影に、ためいきが出ました.。゚+.(・∀・)゚+.゚
もちろん、ヴィヴィアン・リーの美貌にも☆

016


 映画の主人公 スカーレット・オハラが活き活きとよみがえります。
アメリカの南北戦争の時代を背景 に、
南部の大地主の家に生まれたスカーレットの激しく燃え上がる恋と、
激情家ゆえに苦難の道をゆく生き方 。
 テレビに放映され、なんども見た大好きな映画です。

   

   緻密な計測と遠近法で

「すばらしい出来栄えですね」
 係りの方に伝えると、
「前のモナリザのとき、平面では良かったのですが、上から眺めたとき、太目に映りました。それからは遠近法を考え、緻密な計測を行っているのです」
 エレベーター前で、そう話してくれました。
 偶然、田舎館の学校に勤めたという女性と一緒に乗りあわせて、
「私が勤めていたとき、稲の管理に苦労したものです。子どもたちが混ぜてしまわないよう、注意したものですよ」
 そんな話も伺うことが出来ました。

関係者の皆さんは、さぞや23年の間に試行錯誤したことでしょう。

いまや世界に知られる田んぼアートです。
昨年は、天皇陛下と皇后さまもご閲覧 になられました。
 

   第2会場は道の駅いなかだて『弥生の里』

 第2会場は弥生展望台から、『スターウォーズ・フォースの覚醒』
 SF映画の傑作シリーズ!
12月18日に新作が公開です

                 035
 
こちら、ワイドカメラでないと全て収めることができません。

034

 スケールが大きい!
青森ねぶた(国の重要無形民俗文化財)にも登場することが決定(*^_^*)
8月1日、青森ねぶた祭りの前夜祭にてセレモニー披露だそうです。

さて、田んぼアートに話をもどしますが、
弥生会場もエレベーターがあります。
私が観覧したのは平日でしたので、両会場とも空いていましたが、ねぶた期間中や秋口はかなり混雑します。
  
    料金は各会場毎に、大人200円
             子学生100円
    未就学児童 手帳を提示で障がいをお持ちの方は無料。

稲刈りは10月4日の予定です。

        国の史跡である垂柳遺跡
 

田舎館村からは、弥生時代中期末の水田遺構が発見されています。
数万個の弥生人の足跡が残る垂柳遺跡。
前に、弥生の里の裏手にある田舎館村埋蔵文化センターを見学したことがありますが
小さめの足跡がぺたぺたと田の土に残った遺跡に、心がふるえました(・∀・)

弥生人は小柄だったようです。

津軽平野の中央に位置する田舎館村は、そのほかにも城跡や円空仏もあって、とても歴史の古い村です。

      日本刀の見学日


会場の壁に、日本刀制作工房の見学の案内がありました。
刀匠 中畑國廣(なかはたくにひろ)さんの鍛冶場が見学できるそうです。
   

024
 
前にグラフ青森社の「青森の暮らし」の担当記事で取材させて頂きました。
日本刀は職人魂の神髄。
いま、ブームです。刀剣女子とか、若い女性が興味を抱いているようで。
      前記事はこちらです

025

こちらのほうが見やすいでしょうか。
料金500円で、刀匠が作った本物の日本刀を見学できる機会です。
詳しい問い合わせは、役場企画観光課 0172-58-2111へどうぞ

田舎館村が世界に誇る田んぼアート、
吹き渡る津軽の風を感じて、期間限定の絶景をぜひ(*^_^*)


スポンサーリンク

コメント

コメント一覧

    • 1. 青森太郎
    • 2015年07月14日 15:13
    • こんにちは。
      早い時期に行かれたのですね。
      私は12日(日)に行って来ました。
      日曜日でもまだ時期的に早かったからか、5分ほど待った
      だけでした。

      今年も見事な田んぼアートですね。
      全国からこれを見に殺到することでしょう。

      青森県内の自治体がそれぞれ工夫をこらして
      田んぼアートを競い合えば、ますます活性化に勢いが付く
      でしょうね。
    • 2. natu
    • 2015年07月14日 21:07
    • 青森太郎さま、こんばんは。

      同じ風景を撮影しても、印象がちがいますね。
      青森太郎さまのブログの写真、空の碧さがとっても綺麗で、「田んぼアート」が映えています。
      澄んだ空気の夏空という感じで。

      太郎さまの岩木山の夕焼けも、いつも拝見していますが、季節ごとに表情が変わって印象深いです。

      今年、私は田んぼアートを久しぶりに見ました。
      あまりに混雑して見学できなかったという話を昨年は聞いたので、6日に行きましたけれど、待ち時間がない上に、好天で見事♪

      田んぼアート、ほかでも工夫を凝らしているんですね。
      でも、田舎館村の頑張りは並大抵ではありません。
      活性化とともに、青森米のアピールになっています☆

      コメント有難うございます(*^_^*)感謝



コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック