つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

『BORO』を知っていますか?私は6年前まで、価値あるものだと思いもしませんでした。『BORO』は襤褸、「ぼろ」あるいは「らんる」と読みますが、昭和38年(1963)生まれの私にとって、身近にあったとは言い難い。襤褸に衝撃を受けた青森県内の商店街に育った私が …
続きを読む

ご近所の久枝さんが、私にこぎん刺しの着物を託して下さいました。70代の久枝さんが長く保管してきた貴重なこぎん刺しは、お姑さんが制作したのだそうです。藍色に染めた麻布に、刺し綴った白い木綿糸のすがすがしさ。粗い麻の布目をふさぐように、細かく刺すのがこぎん刺し …
続きを読む

雪国にもようやく春がやってきました。暖冬と言われていましたが、弘前は雪が多く、今月のはじめは市内のあちらこちらで残雪が見えました。ところがあれよあれよという間に春めいて今は桜色に染め上げられています。夕べ訪れましたが、2600本を数えるソメイヨシノや枝垂れ桜 …
続きを読む