つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

苔むした長い石段が続いていました。江戸時代からの歴史ある久渡寺(くどじ)は、弘前市の南方・坂元地区にあります。 円山応挙作の幽霊画があり、自然の豊かな山のなかにしずかに建つお寺です。br />5月は王志羅講の大祭がありました。明治になって、津軽の民間信仰である …
続きを読む

つがる☆時空間natuです訪問ありがとうございます。萌え出たばかりのワラビを採る楽しさを知ったのは、ほんの数年前です。それまでは道の駅や山麓の店で買って、塩漬けにしていました。ワラビは、初心者でも採ることのできる山菜深い奥山へ入ることなくまた毒のある山菜と間 …
続きを読む

去年の8月に水族館でイルカショーを見たとき、その見事な演技っぷりには驚きました。運動能力ばつぐん! 物覚えが素晴らしい! 拍手喝采です。 新潟市にあるマリンピア日本海でのイルカショーです。規模が大きかった!浅虫水族館の数倍はあったと思います。 弘前市から …
続きを読む

あなたがこんなに早く身罷ってしまうなんて、私は思っていませんでした。1945年7月1日生まれですし、お体具合が悪いことは薄々は知っていた。けれど、不死鳥のように、硬質で力強い作品を発表されるとばかり考えていたのです……。直木賞作家の車谷長吉さんを文学の師匠のよ …
続きを読む

青森の山で採れるタケノコはネマガリタケです。リンゴ手籠の材料ですが、食用は萌え出たばかりのものをどうぞ。 いまがちょうど旬ですので、山菜採りの方は胸騒ぐ季節でしょう。私は竹藪で迷うといけないので、スーパーで買います。パンダ並みの胃袋をお持ちでない方は皮を …
続きを読む

まるで手品を見ているようでした。たった数本の竹材から、 するすると籠が編まれてゆく様子は。指先から六角形の網目が次々と繰り出して、それがよどみなく、おなじ間隔で編まれるのです根曲竹は、青森に多く自生する竹。その竹材で編まれたリンゴ手籠は、かつて農家の必需品 …
続きを読む

かつて目屋人形を作っている所にお邪魔したことがありました。西目屋村商工会女性部、そこに人形制作部がありまして 、当時メンバーが3人。目屋人形は、地元の方の手作り品なのです。画像は西目屋村の暗門の滝、白神山地の玄関口として人気のエリアです。そのメンバーの方か …
続きを読む

先輩エッセイストさんから、貴重な民俗資料を頂きました。尊敬する方からの頂きものですから、感激 です! 白神山地のふもと、西目屋村に伝わる『目屋人形』です。    若い娘さんが背負う炭俵西目屋村はかつて炭焼きがたいへんに盛んでした。木炭の生産です。家族総出で …
続きを読む

黄色い花絨毯を敷きつめたような菜の花畑が、鰺ヶ沢町の山田野地区にあります。この日は、澄んだ空気に晴れ渡った空が青くて絶好のロケーションでした。br />地元の農家さんが植えて、ご厚意で見学させてくれます。 そのせいか、ちょっと道がわかり難い。県道を行ったり来た …
続きを読む

岩木山神社は津軽一円の信仰をあつめて、本殿や拝殿などが重要文化財になっている、とても壮麗な聖地です。きょう紹介するのは、その岩木山神社より古い歴史を有する鰺ヶ沢町に近い巖鬼山(がんきさん)神社。 うっそうとした森を背負うがごとくの鳥居です。縄文時代からの …
続きを読む