つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

岩木山神社は津軽一円の信仰をあつめて、本殿や拝殿などが重要文化財になっている、とても壮麗な聖地です。きょう紹介するのは、その岩木山神社より古い歴史を有する鰺ヶ沢町に近い巖鬼山(がんきさん)神社。 うっそうとした森を背負うがごとくの鳥居です。縄文時代からの …
続きを読む

ずっと青森で暮らしていますが、子どもの頃は転校生でした。黒石を始まりに、三沢や札幌、それから愛知県へ。父の仕事の関係で……。と言えば聞こえがよいのですが、ほんとうのところは宵越しの金は持たない主義だった父の浪費 が過ぎて、営んでいた店を潰し、借金を返すため …
続きを読む

私の長女が生まれたのは1988年5月でした。当時の写真を見ると、デジタル画像との違いにびっくりです。27年前です。アルバムをカメラで撮影したので 、画像がさらに粗くなりましたが、曾祖母と祖母が新米ママの私を応援にきてくれました。90代の曾祖母に、真ん中にいて手を赤 …
続きを読む

弘前市にある『太宰治まなびの家』は、太宰さんが旧制弘前高校に通うために、下宿していた建物です。蔵元の経営者の家で、どっしりとした大正時代の趣があり、無料公開されています。 二階の一室が太宰さんが寝起きした部屋です。人生初めての自殺未遂をした現場でもありま …
続きを読む

おしらさまとは?おしらさまは東北に伝わる民間信仰のひとつです。家の守り神、農業の神、桑の神 のほかに、眼の病に霊験があるとされていました。男神と女神の二体で一対。木の棒をご神体として頭部には馬や女性の顔が描かれたり彫られたりしています。馬と娘の悲恋がその …
続きを読む

東北の民俗を語るうえで欠かせない「遠野物語」柳田國男氏が民話蒐集家の佐々木喜善二さんによって語られた遠野地方にまつわる民話を 、筆記し編集して自費出版した説話集です。座敷わらしや河童などさまざまな奇譚がまとめられています。画像は、2008年に撮影の青森県立郷土 …
続きを読む

衣服に継ぎを当てることは、もう今の日本では滅多になくて、ファッションとして残っているだけです。若い方が擦り切れたようなジーンズを着ているのは、それがちょっと物珍しいデザインだからでしょう。でも、戦時中はもちろん、戦後しばらくまで衣服の不足に人々は悩み、継 …
続きを読む

母と再会し、長い時間をかけて絆を取り戻しながら、私はひとつの思いに辿り着きました。BORОに心惹かれたもうひとつの理由は、そこに自分の先祖の暮らし方があったからに違いない。祖先の暮らしを知ると自分の根っこが太くなる南部地方の開拓農家の娘だった母は、脳疾患の …
続きを読む

母と再会できたのは、私が結婚してから。継母がいるので、結婚式にも呼べなかった のですが、長女が生まれたとき、私はせめて実母に初孫を逢わせたいと思いました。 50年前の母と私年号が平成に 変わって間もない頃、20年ぶりに会えた母は、疲れ切った中年女性になっていま …
続きを読む

生まれてきた子どものために、布をさまざまに集めて縫い合わせる着物は、青森特有のものではありません。金沢には「百徳着物」と言って、母になる若い女性が親戚や知人を訪ね歩いて、布端をもらい受ける風習がかつてあったとか。長寿にあやかりたい、健康にすくすく育って欲 …
続きを読む