つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

考えたい、戦争のこと新作絵本の紹介です「空にさく戦争の花火」作 高橋秀雄  絵 森田挙次   今人舎 発行高橋秀雄先生は児童文学界の重鎮。児童書の世界では代表的な同人誌 「季節風 」の事務局長をされています。7月に仙台で行われた童話塾in東北にも、栃木県か …
続きを読む

深浦町のリゾート地ウェスパ椿山家族や仲間のグループで宿泊できるコテージがあります。ヨーロピアン調の建物が並んでいる、おしゃれな雰囲気わが家がコテージを利用したのはもう12,3年前のこと、夏休み期間中に予約を取るのがたいへんでした   4人用コテージが一棟貸し …
続きを読む

ねぷたが終わって、朝晩は過ごしやすくなりました。さあ、お盆です。 弘前あさいちでは、軽トラの荷台で桃やメロン、スイカが並べられる出番を待っています。 めぇ、津軽の桃大玉の桃です! 弘前市や平川市で桃を生産する農家がふえています。これがジューシーで『め!』 …
続きを読む

道の駅深浦 かそせいか焼き村で買った鯛は、目がきらきらと澄んで新鮮♪ここで質問です。さて、いくらだったでしょうか?びっくりのお値段でした。お刺身にできるような新鮮な真鯛大きいのは500円以上しましたが、こちらは尾っぽも入れれば25センチくらいのやや小さめサイズ …
続きを読む

海の幸を仕入れました(*^_^*)十二湖や円覚寺を回り、 道の駅ふかうら かそせ いか焼き村へ。   深浦町風合瀬(かそせ)地区にある道の駅です        道の駅ふかうら かそせ いか焼き村 ここは獲れたての魚や貝を売っています。 平日でしたが、混んでる!  …
続きを読む

弘前ねぷたまつり5日と6日は駅前を運行します。6日で夜は最終日名残り惜しい写真は弘前には台数が多くはない人形ねぷた『弘法大師、空海と不動の滝』富田清水町の大型の組ねぷたですねぷたが終わる頃秋風になるのが津軽の夏ですが酷暑が続いています天気予報では6日がピーク …
続きを読む

北国なのに、今夏はとんでもなく暑い。弘前市のきょうの予想最高気温は36℃(´;ω;`)寝苦しい夜が続いていますが、どうやら世界中で熱波が止まらないようです。ヨーロッパの国々でも40℃の気温を記録し、また森林火災も起きている。旱魃のアメリカ・カルフォニアに、水害の …
続きを読む

十二湖に行ってきました。青森県の日本海側です。弘前市から車で2時間30分くらいを要するので、朝の7時に家を出ました。津軽国定公園十二湖は青森と秋田との県境に近く、世界遺産に登録された白神山地の登山口があります。曇りがちの天気でしたが、木々の緑が目に沁みるくら …
続きを読む

弘前ねぷた祭が8月1日に開幕しました。伝統的な扇形のねぷたが特徴です。 初日は、桜大通りから土手町を練り歩くコース。39台の出陣です。8月1日~4日 土手町コース PM7:00     5日と6日 駅前コース PM7:00    7日(なぬかび)は土手町をAM1 …
続きを読む

弘前公園のお濠の近く、紺屋町消防屯所を訪れました。昭和8年ごろ建築の屯所火の見櫓(やぐら)があって、市の『趣のある建物』に指定されています。 ここは戦前、警察の交番も併設され、劇作家であり歌人の寺山修司の父・八郎が勤務したそうです。寺山修治は、自分は走って …
続きを読む