つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

弘前あさいちにやってきました。10月まで毎週日曜の朝6時からえきどてプロムナードにて開催しています。桃やメロンにスイカそして津軽で大人気の毛豆もありました(*^_^*)ふつうの枝豆よりかなり毛深い毛豆は洗う時、ボールに入れて、小さじ1杯くらいの塩を加えお米を研ぐよう …
続きを読む

新潟県にやってきました。福島県会津若松市内に一泊し磐越道で新潟に。娘の案内で向かったのは、初詣には30万人が参拝にやってくるという彌彦(やひこ)神社。霊峰・弥彦山に創建されています。古来から信仰をあつめて現在は人気のパワースポット。新潟市内から35キロくらい …
続きを読む

会津若松駅で娘と合流しました。大内宿や鶴ヶ城を観光して、夜は乾杯。お酒を酌み交わしました。  夏の旅 東北道で福島へ    山間にたたずむ大内宿が熱かったいまはふたりの子どもが成人し、自活しているので、親として肩の荷が下りた感があります。でも子育て中はも …
続きを読む

青森と縁が深い会津会津といえば、鶴ヶ城。観光したのは、8月16日奇しくも弘前城の天守が動く!という「揚屋(あげや)」の日でしたが、私は旅先にて鶴ヶ城を眺めていました。大河ドラマ『八重の桜』でも知られる戊辰戦争の激戦地。砲撃されながら、1か月持ちこたえた不落の …
続きを読む

福島県へ行って来ました。朝5時に弘前を車で出発し、東北高速道にて南下。途中、猪苗代湖に寄りましたが、昼過ぎに福島県会津若松市に入りました。旅の目的は新潟県内で働いている娘と会うこと。子どもとはいえ、ふるさとを遠くはなれて仕事をするようになると、年に1度か2 …
続きを読む

私が参加している文藝同人誌 瑠璃8号が発刊されました。A5サイズ 70ページ小説や詩、エッセイなど多彩な作品が掲載されています。  定価600円+税瑠璃代表の山川学而氏が随想と小説を、  櫻井麻古人氏、高橋憲三氏、葛西千秋氏が詩を書かれました。小説は 風音皜氏、 …
続きを読む

しみじみとしたエッセイを読みました。文芸誌『新潮』7月号にのっている青木淳悟さんの【謹啓】父が死んデビュー 死んデビューですよ(*・ω・)ノなんて意味深なタイトルでしょう。内容を紹介すると、小説家の青木淳悟さんは、今年2月、父親の葬儀をした折に、故人の人柄を知っ …
続きを読む

1コインランチ弘前の本を持ってめんやひまわりに来ました!富田町です。 こってり味噌らーめんにサービスコーナー付きお得感がたっぷりです。行ったのはお盆前の10日。人気店なのでさぞや混んでいると思いきや意外や意外お席が空いていて、ほっとしました。 食い意地の張っ …
続きを読む

見学してきました。『青の時間 佐野ぬいの世界』弘前市立博物館にて開催中です。独創的で、青の色が印象的な絵画展は8月23日まで。見学される方は、お急ぎ下さい。館内はすべて撮影禁止。空調が心地よい気温に設定され涼しく、じっくり見ることができました。佐野ぬいさんは …
続きを読む

16日は地切式14日、早朝の弘前公園を歩きました。16日はいよいよ地切(じきり)式 です。10:40分頃から本丸にて、工事関係者による地鎮祭式が始まり、それが終わると、 天守と石垣が切り離され、城が動き出す! 少しずつ、少しずつ74mの距離を動いてこちらの仮天守台へ。 …
続きを読む