つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

前を通ったことは幾度もありますが、入店したのは初めて。弘前市城東地区にある『パンデリカ』で、1コインランチ弘前の本を利用してテイクアウトしました。HomeBakeryパンデリカ弘前市城東中央4-13-4℡0172-27-3460営業時間8:00~19:00定休日は日曜日予約OK ティクアウトの …
続きを読む

大鰐町の駅そばに建つ「山崎食堂」にやってきました。1コインランチ弘前vol8の本が発売されゲットできたので、さっそく利用してランチ。2017年5月10日~2017年8月9日までの有効期間の1コインランチ弘前vol.8です。今回の特徴はパン特集があること。朝食やおやつにおいしいパ …
続きを読む

雨の天気予報がはずれたので、岩木山麓の山田野地区へ行きました。菜の花がきれいに咲き揃っています。5月15日の画像。ここ3年連続で出かけていますが、今年も残雪の岩木山と菜の花はみごと!ジャガイモなどの連作障害を防ぐため、農家の方々が菜の花を植えて毎年、咲く場所 …
続きを読む

トゲクリガニとは?トゲクリガニのおいしい季節です!青森ではお花見の時期から近海物が出回ります。トゲクリガニは陸奥湾で獲れる毛ガニの仲間で、ちょっと小ぶり。甲羅の大きさは6~8cmほどです。青森市から津軽半島への途中に蟹田町がありますが、かつてはこのトゲクリ …
続きを読む

毎月第三日曜日に弘前市御幸町にある『太宰治まなびの家」にて開催の太宰治文学講座。4月16日は弘前ペンクラブ会員で詩人として『文學界』などでご活躍の船越素子さんが登壇されました。アップするのが遅くなりましたが、とっても興味深く拝聴しました。直木賞受賞作家・西加 …
続きを読む

リンゴの花っこ、咲いでらよ。桜はあでやか、リンゴの花はめんこい。写真は5月3日の早朝、弘前公園にあった鉢植えのリンゴの花。表情豊かに、ほほ笑むようなりんごの花です。津軽の園地は今が花盛り。今年も弘前市のりんご公園では『弘前りんご花まつり』が開催されます。会 …
続きを読む

桜の季節に禅林街を訪れたのは初めてでした。4月24日の写真です。このときソメイヨシノは7分咲きくらい頃。この道の両脇に禅宗の三十三ヶ寺が並んでいます。2代藩主の津軽信牧(のぶひら)公が城郭を計画したとき、裏鬼門(南西)の砦として、主要な寺院を集めました。当時の …
続きを読む

年に一回、発行の「そらとぶこぎん」創刊号が津軽書房から発売されています。待望の雑誌はシンプルな表紙で、中身は濃い!発行・編集は鈴木真枝さん・石田舞子さん・小畑智恵さん。特集ページには、こぎん刺しの再興を刺し手として支え続けた故・高橋寛子さんの情熱が描かれ …
続きを読む

KOGIN FES・第6回こぎんフェスが4月28日~30日まで弘前文化交流館ホール(ヒロロ4階)で開催されています。津軽こぎん刺しを世界に発信する目的で創設されたこぎんフェスは、入場無料。古作こぎんや新しいこぎん作家の作品を、たくさん見学したり購入したりできる機会です。 …
続きを読む

お濠のソメイヨシノが散り始めて、花筏が見ごろになってきた弘前公園です。今年もきれい♪4月28日の午後6時半ころの画像です。 弘前公園の花筏とは?桜の花びらが舞い散り、お濠に浮かぶと花筏がつぎつぎとできます。花筏とは、花びらがお濠に群れて集合することででき、近年 …
続きを読む