つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

桜の季節に禅林街を訪れたのは初めてでした。4月24日の写真です。このときソメイヨシノは7分咲きくらい頃。この道の両脇に禅宗の三十三ヶ寺が並んでいます。2代藩主の津軽信牧(のぶひら)公が城郭を計画したとき、裏鬼門(南西)の砦として、主要な寺院を集めました。当時の …
続きを読む

年に一回、発行の「そらとぶこぎん」創刊号が津軽書房から発売されています。待望の雑誌はシンプルな表紙で、中身は濃い!発行・編集は鈴木真枝さん・石田舞子さん・小畑智恵さん。特集ページには、こぎん刺しの再興を刺し手として支え続けた故・高橋寛子さんの情熱が描かれ …
続きを読む

KOGIN FES・第6回こぎんフェスが4月28日~30日まで弘前文化交流館ホール(ヒロロ4階)で開催されています。津軽こぎん刺しを世界に発信する目的で創設されたこぎんフェスは、入場無料。古作こぎんや新しいこぎん作家の作品を、たくさん見学したり購入したりできる機会です。 …
続きを読む

お濠のソメイヨシノが散り始めて、花筏が見ごろになってきた弘前公園です。今年もきれい♪4月28日の午後6時半ころの画像です。 弘前公園の花筏とは?桜の花びらが舞い散り、お濠に浮かぶと花筏がつぎつぎとできます。花筏とは、花びらがお濠に群れて集合することででき、近年 …
続きを読む

弘前は桜の町だっきゃ!天満宮のシダレザクラも見事でらよ~。県天然記念物に指定されている推定樹齢500年以上の古木が、今年も咲き誇っています!!私は初めて桜の時期に天満宮にお参りしました。市民でも見ごろの時期に、ちょうど合わせて出かけられないもの。今回はたまた …
続きを読む

弘前市役所の新庁舎にオープンした食堂に来ました。エレベーター4Fで降りるとすぐ。レストランpomm~林檎 土日・祝祭日・年末年始は定休日営業時間は月曜日~金曜日の11:00~15:00短命県返上をテーマに、おいしくヘルシーなランチを食べることができると評判。しかも、リ …
続きを読む

4月24日の弘前公園はお濠は8分咲き、園内は5分咲き。北国の澄んだ青い空に桜の花が美しく映えます! 写真のベニシダレは武徳殿前。休憩所やお土産・工芸品のショップがある建物です。 亀甲通りから望む景色。「岩木山さ、まんだ雪、ずんぶ多いでば!」弘前はこの冬、雪がけ …
続きを読む

弘前さくらまつりが開幕し、県外や海外からのお客様も多い季節。もちろん、地元に住む方々も連休に入るので、お出かけシーズンですね。そこで、私が食べたことのあるランチを中心に、弘前公園の周辺でのお店を紹介しましょう。さくらまつり期間は道路が渋滞するので、徒歩で …
続きを読む

弘前さくらまつりの会期は5月7日まで。平成30年(2018)には100周年を迎えます。2017年度は100年目ということで、記念事業のイベントがもりだくさんに予定されています。開会式は明日ですが、本丸のシダレザクラが待ちきれない様子で、ご覧のように8分咲き!あでやかに咲き誇 …
続きを読む

数日前、お天気に誘われてドライブに出かけました。道の駅ふかうら・かそせいか焼き村は深浦町風合瀬地区の道の駅。弘前から自家用車で1時間20分くらいで行くことができます。海沿いの道なので、日本海の荒々しい岩場を眺めながらの小さな旅。海鳥が空を舞い、風はまだ冷たい …
続きを読む