つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

太宰治「思い出」の蔵を見学しました。「どこさ、あるんだべ?」五所川原市内はあまり詳しくないので、まずは立佞武多の館をめざします。ちょうど立佞武多の館の職員の方が、団体客の見送りに出ていたので聞くことができました。「向こうの信号の右手にレンガ色の建物があり …
続きを読む

鶴田町にある『つるのたまご』で1コインランチ♪ 今回の1コインランチ弘前vol.7・メニューは、もやしあんかけラーメンです。とろとろのあんかけで、ぽかぽかと体中があったまります 。 中国料理『つるのたまご』鶴田町小泉537-1℡0173-22-6901月曜日が定休日のため、本を …
続きを読む

たまたま出かけた弘前市の百石町展示館で東奥義塾高校の「第49回陶芸」を見ることができました。2月19日~21日まで開催時間:午前10時~午後6時最終日は午後3時で終了。 生徒さんや先生方の手作りの 作品がいっぱい。しばし見惚れて時間を忘れました。百石町展示館は明治13 …
続きを読む

こけしは今、ブームで根強い人気があります。私が黒石市の津軽こけし館を見学したとき、遠方から いらした熟年のご夫婦がいました。棟方志功が絵付け したこけしを、それは熱心にご覧になっていましたよ。 こけしとは? 東北に生まれ、素朴な幼児の遊び玩具として徐々に発達 …
続きを読む

可愛いお孫さんのお雛祭りにはこけしをいかが?素朴なこけしがあでやかなお雛様に!第8回・楽しいひなこけし展が開催中です。平成29年3月20日まで、1階は入場無料津軽こけし館青森県黒石市袋富山72-1開館時間は午前9時~午後5時℡ 0172-54-8181グラフ青森の「青森の暮らし …
続きを読む

今冬は津軽地方のなかでも弘前や黒石、平川市に雪が多く降って、毎日の雪かきでお疲れモードです。そんな雪道のなか出かけたのはアクロスプラザ黒石にある麺道蘭。五所川原の麺道蘭の姉妹店。 かっとびラーメンはとんこつ味噌スープに太ちぢれ麺、もやしにチャーシュー、煮卵 …
続きを読む

弘前城雪燈籠まつりはお天気にも恵まれ、人出も上々でした。きょうは、プロジェクションマッピングを中心にアップします。「県南や青森市からも観光に来る方が多いですよ。青森の冬の観光スポットとして定着したのでしょうね」 過去記事:2017弘前城雪燈籠まつり 夜のライト …
続きを読む

『青森の暮らし』はグラフ青森社の隔月誌です。最新号の406号が好評、発売中。特集は津軽こけし。表紙のほっかむりしたこけしが何とも良い表情ですね。キッと結んだ口許が寒さ厳しい風土に生きる者を象徴しています。赤いリンゴの手ぬぐいも可愛い。津軽こけしといえば、2016 …
続きを読む

弘前城雪燈籠まつりが9日から開催中です。12日まで雪像やかまくら、プロジェクションマッピングを見学できます。本丸など有料エリアが無料。イベントが盛りだくさんですね。冬花火の打ち上げも予定されていますし、おでんやタコ焼きの出店も。駐車場は観光館の地下や弘前文化 …
続きを読む

雪んこ人参とは? 青森県深浦町小金崎農場のニンジンはほかのとはちょっと違います。白神山地のふもとの大地で、夏の太陽の恵みを受けて育ち、そのまま春先まで畑に埋めて熟成させているのです。 甘みがのってくるのを土の中でじーっと待つ。まだ雪がのこる畑から農家の方 …
続きを読む