つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

2011年3月11日のことは今もしっかり覚えています。長い揺れでした。いつ収まるだろうと思っていたら、突然の停電。その夜は暖房もなく明かりもなく、毛布にくるまって過ごしたのです。そのころわが家は上の子が東京で働き、下の子は日本海をのぞむ甲信越地方で学生生活を送っ …
続きを読む

3月3日、朝の情報番組スッキリ!で、舞台BLUEに出演したBLUETOKYOが紹介されました。青森山田高校男子新体操部OBのメンバーで結成されたBLUETOKYO。舞台に懸ける練習風景のすごいのなんのって!厳しいの一言に尽きます。上の写真はそのときの「スッキリ!」の1場面。「練習を …
続きを読む

フジテレビ系列の『アンビリバボー』はビートたけしさんらが、国内外の事件や事故を紹介・解説する番組です。珍しいことを取り上げるので、たまに見ています。ただ私が住む町では、キー局の放映日からだいぶ遅れて放送されているみたいですが。 先日は、【19歳のカップルが …
続きを読む

弘前市立図書館や観光館がある一角に建つ『旧東奥義塾外人教師館』は、外観がすてき。でもこれまで中へ入ったことがありませんでした。図書館へ来たついでに、「開館中」の文字につられて中へ。なんと無料で見学できます。木造2階建て、延べ床面積280㎡。明治23年に建てられ …
続きを読む

食べる前に撮影しようと、カメラを向けたら湯気でレンズが曇ります。なんどシャッターを押しても、湯気が~。強火の中華鍋で手早く料理された「サンナメン」弘前市広野にある銀華飯店 で、1コインランチ弘前の本を利用しました。サンナメンはあっさりとしたしょう油ベースの …
続きを読む

2017年の弘前さくらまつりのポスター、すてきです。お濠を桜の花びらが埋め尽くす『花筏(はないかだ)』とともに、なお満開!弘前さくらまつりは4月22日~5月7日にわたり開催されます。満開の桜に囲まれた天守の向こうにそびえるのは冠雪に輝く岩木山。例年、春スキーをゴー …
続きを読む

青空が広がり、気温も昼は上がっています。雪どけが進んでいますが、弘前の積雪は65センチとまだ多い。路面は乾いていても道路の両側にうず高く雪が積まれています。きのうの夜、おとなりさんから「お宅の屋根雪がわが家の敷地に落ちて、家族が帰ってきたとき車を停めること …
続きを読む

サラダをはじめ和洋中の料理を好きなだけお皿に取ることができるランチブッフェ。1コインランチ弘前vol.7の本を利用して、2月中ごろに出かけました。カジュアルダイニング&鉄板焼きシェフズレシピ弘前市大町1-1-2アートホテル弘前シティ2F本の提示で1,782円のところ1000円 …
続きを読む

青森の長い冬もようやく終わりのようです。2017年2月のスタバdeこぎんに参加しました。上の写真は、こぎん作家の内本明美さんの刺し模様。ビビッドな赤い糸で刺し綴るのもすてきです♪ 日本3大刺し子のひとつ津軽こぎん刺し 先月から参加されている yukikoさんの作品。きっ …
続きを読む

時代とともに、津軽弁は消えつつあります。わが家でも夫と子ども達の 発音は明らかに違います。生まれたときから1日中テレビの音声を聞いている若い世代は、なまりが少ないですね。私は自分では「なまっていない」と思っていますが、家族に言わせると「お前が一番なまってい …
続きを読む