つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

豆乳スープの担々麺を平川市の道の駅「四季の蔵もてなしロマン館」で頂きました。1コインランチ弘前vol.7の本を利用。4月13日まで使える1コインランチ弘前です。これも食べてみたい♪ あのお店へも出かけたいと思いつつ半分も行けませんが、ドライブがてら食事をしました。 …
続きを読む

3月20日は気持の良い快晴です!五所川原市狼長根(おいのながね)公園に隣接している歴史的な建造物・楠美家住宅での『いぶし体験&ノルディックウォーク』に参加しました。楠美家住宅は明治19年に棟上げされた茅葺寄棟造(かやぶきよせむねつくり)。青森県五所川市大字持子 …
続きを読む

かすべのともあえをご存知ですか? 津軽の人が愛してやまない『かすべ』 その柔かな白身の味わいと軟骨のコリコリとした歯ざわり。 コンドロイチンもきっとたっぷりではないでしょうか。その正体は、エイ。海の中をまるでマントをひるがえすように優雅に泳ぐ生き物。切り身 …
続きを読む

弘前公園のなかにある緑の相談所では『桜の花展』を開催中です。26日まで9時~17時の時間で無料で見学できます。 緑の相談所は、モダニズム建築の巨匠・前川國男が手がけた建物。外観は広いガラス窓が開放的ですが、今回はまだ雪があるため、内部の様子を。斜めの天井に埋め …
続きを読む

ちいせえ花っこ、咲いだ。マンサクの花っこだっきゃ、大きさが1センチくらいだはんで、まなぐ凝らさねば見えね。万作・満作・金縷梅といろんな漢字を当てるばって、早春に「まんず咲く」が訛って、マンサクだど。弘前公園の武徳殿の近くさ、マンサクの木おがってら。がわりさ …
続きを読む

2017年3月19日・TBS系『世界ふしぎ発見』で各地の名所と共に、弘前公園の桜と手入れなどが紹介されました。夜の9時からの番組です。『花見が100倍楽しめる桜3大名所・桜3大名所と美しい風景・満開の桜と花筏!弘前公園の桜守に密着』クレジットタイトルが長いですが、もちろ …
続きを読む

2016年春から10回にわたり、東奥日報金曜リレーエッセイ「ぺんのしずく」に書かせて頂きました。きょう2017年3月17日、私の執筆掲載が最終回となりまして、1年が経つのは早いと感じております。ペンのしずくは、東奥文学賞第1回~3回までのの受賞者5名がリレー形式で担当 …
続きを読む

赤いリンゴのシールがポイントのチーズタルト。とってもコクがあって、おいしいタルトです!1コインランチ弘前vol.7の本を利用して、スイーツを買いました。おうちカフェにもってこいの焼き菓子。JR弘前駅の駅ビル『アプリーズ』の1Fにある「ラグノオアプリ」で買うことがで …
続きを読む

3月13日『スタバdeこぎん』に、参加しました。私は津軽こぎん刺しや古布、青森のぼろを女性史から見つめることをライフワークにしています。こぎん刺しは、明治末頃から徐々に刺す人がほとんどがいなくなって、昭和の初めに民藝運動の柳宗悦(やなぎむねよし)らが「素晴らし …
続きを読む

弘前市の駅前にあるヒロロは、商業施設と公共施設ヒロロスクエアがある複合施設です。ヒロロスクエアには子育て広場も併設されているせいか、お子さんを連れたママや家族連れが多い。若い方が集まるショッピングタウンはやはり元気ですね。28年ほど前はダイエーが入っていた …
続きを読む