つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

弘前公園のすぐ近くにある藤田記念庭園では、ハナショウブがそろそろ見ごろです。私が出かけたのは19日でしたが、咲き始めていました。毎年6月のさいごの日曜日は無料開放日です!2017年度は6月25日。弘前市出身の実業家である藤田謙一が大正8年に別邸を構える際、東京から庭 …
続きを読む

文藝同人誌『瑠璃の会』で久しぶりにランチ会がありました。最新号が発刊されて、打ち上げを兼ねての食事会。カフェテラスKE・RA・RAはおしゃれで女性やカップルに人気のお店。「太宰治まなびの家」の近くにあります。メニューも色々あるんですよ。チキンハンセット 880円カフ …
続きを読む

グラフ青森社から発刊されている「青森のパン本」は、おいしいパン屋さんが満載。県内の書店で取り扱いがあり、好評です。本体649円+税青森、弘前、八戸、むつ市などなど、あなたの町のパンもきっとある!焼き立てベーカリーには、そのお店のこだわりと真心が込められていま …
続きを読む

道の駅つるた「鶴の里あるじゃ」は16周年!おめでとうございます。17日の昼前のテレビニュースでにぎやかなイベントの様子が映し出されていました。道の駅つるたは五所川原方面へ出かけると、寄ります。スチューベンソフトがおいしい♪鶴田町はスチューベン葡萄の作付面積が …
続きを読む

ベンセ湿原から車で10分くらい離れた高台に、高山稲荷神社が建っています。300人が宿泊できる参籠所を併設し、晴れた日には海と山が望め景勝の優れた神社。五穀豊穣、商売繁盛のご利益があることで知られ、県内外から参拝客が訪れます。高山稲荷神社は海の守り神として古い由 …
続きを読む

久しぶりにベンセ湿原に出かけました。ニッコウキスゲの黄色い花じゅうたんが津軽国定公園のなかに広がります。弘前市から五所川原を通って車で行きましたが、1時間ほどかかりました。ちょっと遠回りをしたみたい。ベンセ湿原があるのは、青森県の西北部にある広大な丘陵。縄 …
続きを読む

青森の暮らし408号が県内の書店で発売中です。特集は『青森のそば・比べて気づくそれぞれの味』グラフ青森社の下池社長が西目屋村の物産センター「Beechにしめや」でそばうち体験をされた記事や、東通村の東通そば、階上町の階上そばなど、蕎麦って奥が深いです!すっかり食 …
続きを読む

オープンしたばかりの弘前市運動公園にある「はるか夢球場」に、6月5日出かけました。どういう感じになったのかしらと見学のつもりだったのですが、駐車場がやたら混んでいます。何だろう? と思ったら、中学校の対抗試合!弘前第一中学校と第三中学校の歴史ある対戦が26年 …
続きを読む

写真は旬を迎えた青森のタケノコです。青森や秋田で自生するのは、ネマガリダケ。孟宗ダケとは違い、笹竹の新芽でくせのない、さわやかな食味が自慢です。歯ごたえも良く、太宰治も大好物だったとか。クマも好物ですから、山菜採りへお出かけの方は注意をしてください。クマ …
続きを読む

恒例の『スタバdeこぎん』に参加しました。2017年5月29日はこぎんフェスに出展した作品を返却してもらい、新たな気持ちで刺しました。新メンバーおふたりを迎え、そのおふたりともご主人の転勤にともない弘前へ。小さなお子さんがいらっしゃいます。子育て期間は母子が密室で …
続きを読む